春香会ブログ

2015-02-17 13:51:01.0覚書(48式太極拳)6

 

 

14)白蛇吐信

図80

門)左足少し上げて踏み変える。

図81

門)腰と背中を回す。前の手を見る。

中)重心は後ろ足。臀部を後ろ足かかとの上に下ろしていく。五分五分というとどうしても前足に乗ってしまうので、後ろ足重心でちょうど五分五分になる。

全)両足にすき間ができないこと。後ろの膝で前足の膝裏を押すイメージ。前足は後ろ足のかかとの線上に着地。

図82

全)立ち上がらない。ねじらないで回す。重心前に行かない。押し出す手は倒巻肱と同じ。右手の位置を動かさない(すぐに引かない、腰の回しで)。

図83

全)下に沈むのが目的ではなく、体を回すことで前に押すのが目的。体は斜めなので、引いてる肘は方向はほぼ真後ろ。

 

15)拍脚伏虎

図83~84

全)上げていく手も倒巻肱と同じ。斜め後ろ方向へ上げていく。

図84

全)肩の高さまで来たら、肘を曲げて前へ持っていく。右手が前へ来た時に左手は下。

図85

中)手は振り下ろさず、足が上がってくるのを待ち受ける。

全)たたく時、左手が上がる。

図85~86

尾)右足はかかとが左足のつま先線上に来るように、つま先から着地。

全)右足を下ろす時は、つま先を差し込むように。バタバタせず、静かに。

図86

全)手のひら下向き。左肘曲げて右へ。

図87

中)ここは手が止まりやすいので注意。手の動きが止まると、脇(この場合右脇)もしまってしまう。絶えず動いていれば、脇もしまらない。

図87~88

尾)両手が開いた時点で拳にし、左右から合わせてくる。

足幅は10センチ。

図88

門)左拳心斜め上向き。腰を入れる。右拳はおなかの前。みぞおちから10センチくらい離す。

尾)動作が決まる時に顔を横に向ける。

図89

門)手の動き・・抹

図93

全)右手で右の膝上をはらう。

図94

全)あとは肘を曲げるだけ。戻さない。

Comments

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用