春香会ブログ

2015/03/20 15:34覚書(48式太極拳)9

 

 

22)高探馬

図135

全)右手は左つま先の上にある。左手は指先が中央にある。

 

23)右蹬脚

全体

両手は前半は平円、後半は立円を描く。

図136~137

尾)両手は平円を描く。

図138

全)両手を合わせてくる時、体は左へ回る。

図140

中)足を上げる時は、肩の位置に足が来る。つまり90度横に開くことになる。

 

24)双峰貫耳

図142

全)右足を着地する瞬間は、体が少し左を向く。足幅を取って、30度の方向へ着地するためである。真っ直ぐ前を向いて出さない。

 

25)左蹬脚

Comments

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用