春香会ブログ

2015/03/30 12:58覚書(48式太極拳)10

 

 

 

26)掩手撩拳

図147~149

尾)拳は体の中央を通って下ろしてきて、拳をねじりながら振り出す(右腰に引かない)。

図147

全)中央あるいはやや右寄りに下ろしてくる。

図148

全)後ろへ右肘が出ない。体を右に回しているので右にあるように見えるが、実際は真ん中にある。

図148~149

全)この後左手のひらがはずれ、右拳は今の位置より少し下から振り打つ。肘→拳の順。左手の動きと連動させる。

 

27)海底針

図150

門)右手は縦の円、左手は横の円。

 

28)閃通背

 

29)右左分脚

蹴る方向は斜め。

図155

全)右足寄せる前にかかとを内側にずらす。

図157

尾)分脚の場合は、つま先を持ち上げようという意識を持つこと。

図158

全)手の動き・・抹。

 

Comments

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用