春香会ブログ

2015/06/17 20:47覚書(総合太極拳)4

 

   図12   図13   図14

 

  図15    図16   図17

 

2)右攬雀尾(続き)

門)

図12

両手は小さく円を描いて、体の中心に向かって引いてくる。腰はあまり大きく回さず、すぐ前に押し出していく。

図15~17

手首を回す時には指で押していく(呉式の手)。指は右手首につける。右手の指はあまり外へ行かないように回す。

手のひらを返す時はやや上に山を描く。つまり一度少し沈めてから押し出すので、按である。回して沈めて押すという順。

楊式の按と手の形が違うだけで、左手を右手の横に並べれば(楊式と)同じ形となる。

16では体の向きを正面、右手も正面まで持ってくる。その後斜め。

17では左手のひら内向き。膝を開かない。左つま先つける(丁歩)。

李)

図14

擠は手首に指をつける。手首に手首をつける、腕を組む・・この方が力は出るが、これは推手の場合。套路でこれをやると、動作が小さくなってしまう。

推手の時はこのような弓歩にしない。すぐに後ろへ引けるように、あるいは前へ足を送れるように、中間に重心を置く。套路では練習のために前に、あるいは後ろへ重心をかける。

全)

常に姿勢を真っ直ぐに。肘と膝、肩と腰を合わせ、肩の力を抜いて肩甲骨を下に下げる。遠くを見る。全体を見る。後ろに気を配る。

図12~13

左手を返す時、肘を回さない。手のひらを返す。

図13~14

押す時は手を前にやるのではなく、腰を前に。

図14~15

14でしっかり弓歩になっていて、これ以上前には行かないので、ゆるめてから回す(さらに前に行ったように見える)。

図17

手のひらを正面に向けた時は肘が曲がっている。

中)

図12

両手はかなり近くまで寄せてから上げていく(大きく回すため)。手は常に体の前。左肘が体より後ろへ行かないよう注意して回す。

図14~15

少し早めに回し始める。14は大きく回せるが、15では肘と膝を合わせるので、あまり大きく回せない。

図15

右手はこの状態を保つ。肘と膝が合っているので、勝手に回したり、肘を曲げたり伸ばしたりしない。

図16~17

16から17にかけては、あまり長い間押していてはいけない。

Comments

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用