春香会ブログ

2015/08/31 15:45覚書(総合太極拳)15

      図67   図68    図69   図70   図71  図72   図73

 

14)転身推掌

 

孫式の倒巻肱

門)

図67

左足は右足の10センチ後ろの10センチ横。

図69

かかとを着いた時はつま先はやや中に向いているが、足全体が着いた時は真っ直ぐに。

図70

かかとをあまり上げない。下げておく。足は速めに寄せる(孫式は動作が速い)。

真っ直ぐ前に押す。

李)

右つま先を入れる、左つま先で回る。左つま先を入れる、右つま先で回る。両方同時にしない。

全)

図68~69

足を出す時振り回さない。

図69~70

押す時は手だけではなく、肩も腰もみんな使って左へ回しながら押す。

図71~72

このままでは足を出しにくいので、腰が回るのと右膝が外へ回るのと一緒。図71の時点では膝を開かない。

中)

動作はすべてつなげる。終わりがない。

図69~70、図72~73

摟膝拗歩はこのまま押すが、推掌は中へ入る。

足の形が摟膝拗歩と違う(横幅が違い、膝と膝が近い)ぶん、押す手の位置も少し違う。

押している右肘の下に右膝、あるいは押している左肘の下に左膝がある。

 

 

 

Comments

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用