春香会ブログ

2015/11/14 13:38覚書(総合太極拳)26

           図135    図136    図137

 

25)進歩栽捶

栽捶・・地面に向かって打ち込む。

 

門)

図135

腰を右に回しながら、右手のひらを上向きに。手だけでやらない。

図137

右手首やや曲げる。

李)

図136

左手は、体が回るから払うように見える。手だけでやらない。

図137

やや前傾(頭部から右足まで一直線)し、右拳は遠くに。近く(真下)に打ち込むのは孫式。

全)

この後単鞭下勢まで、動きを大きくし、背中をきれいに見せる。

図135

右手は横(正面)ではなく、かなり斜め後ろに上げていく。

図136

曲げ戻してきた時は、手のひらだんだん拳にしながら、手の向きを変える。

図136~137

打ち込む時は力が入ると、それだけ無駄な動きが入る。

図137

前に行かず、下に沈む。

中)

ここらへんは静かな動きでやること。

図135

右足の上に右手、必ず下に押さえる。右手が体からはずれて(右へ)行ってはいけない。

この後、左肘と左膝が合う。

図136

右手の動きは海底針と同じ。猫のような手。曲げ戻した後、肘を前に。

図137

両手同じ位置。

 

Comments

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用