春香会ブログ

2015/11/20 19:34覚書(総合太極拳)27

 

    図138  図139  図140

  

  図141          図142       図143

 

26)斜飛勢

門)

1・・肘で交差するくらい深く合わせる。2・・腰を右に回して(前を向いて)足を出す。3・・両手を開く(体が左へ回る)。→これはテキストのやり方。表演の時は大きくやってよいが、教える時はテキスト通りのやり方で教えること。

完成形では上体真っ直ぐ。12の単鞭と同じ形。右手から左足にかけて一直線。

図137~138

右拳を開きながら上げてくる。

図139

ボールを抱えると言うよりは、左肘の下に右手が合わさるように寄っていく。

図141

左手は遠くを押さえる。右つま先斜め。

李)

図138

両手分かれる。

図140

右足かかと。両手深く交差。

図140~141

右肩から先に。

図142

右手は指先から腕にかけて真っ直ぐに。手首を曲げない。上体はやや斜めになる(頭も)。

全)

図137~138

右拳は大きく振り上げない。拳を上げ、その後右足を寄せるため程度に体が少し右に回る。大きくは回さない。

図138

左手が上がり、体を左へ回す。

図140~141

140で左手で相手の手をつかんでいる。141で下に押さえている。左手が弱くならない。

右手は体の中央で上に上がるだけ。左手は下に。ただ左右に大きく分けるのではない。

中)

図138

左つま先を大きく回し出す。

図139

真後ろを向いたままでは足を踏み出せないので、右に体を回してから踏み出す。右手は少し上に上がってから分ける。最初から分けない。

ここらへんは止まらずに。

図140

右足を踏み出した時点で右手上げる。踏み出した時点で靠をしている。踏み出してから靠をしようとしてもできない。

肩でぶつかっていくので、肩、肘、手の順で。

図141

右足に重心をかけすぎないように、腰を座らせていく。左手突っ張らない。

 

27)単鞭下勢

門)

図141~142

寄せてくる右手を見る。左つま先動かさない。

図142

低くなる時に右手も下りてくる。右かかと出す。

図143

あまり右つま先外側に回し出さない。

李)

図143

右手は穿掌。

中)

右肘を回してくる。図形のように、通るべきところを通る。

図141~142

左手首が肩の高さに上がる。

 

Comments

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用