春香会ブログ

2016/02/11 11:17覚書(練功18法前段)7

 

 

 

 

17)胸前抱膝(胸の前に膝を抱く)

準備

足を閉じた状態で、手は脇に垂らす。

号令1

左足一歩前に出し、両手を前から上に。手のひらは向かい合わせ、両腕の間に頭が来る。上に伸びる。目はやや上を見る。

手のひらを外向きにし、横から下ろしてきて、右手、左手の順で右膝を抱える。左膝をぴんと伸ばす。目は前を見ている。

右足を後ろに下げ、1と同じように上に伸びる。

左足を戻し、両手を横を通って下ろし、準備の姿勢に戻る。

右足一歩前に出し、両手を前から上に。以下1と同じ。

2と同じ動き。ただし左手、右手の順で左膝を抱える。

左足を後ろに下げ、上に伸びる。

右足を戻す。

 

踏み出した足、片足で立った時の軸足、いずれもつま先は前を向く。斜めにしない。

後ろ足の指で床を押し、上に伸びるのが大事なので、重心を前足にかけ過ぎたり、上体をそらせたりしない。

上げる足と同じ方の手を先に重ねる。親指はぴんと立てる。膝は胸部につける。

手は横から下ろしてくる。後ろに行かない。 

 

 

 

18)雄関漫歩(堂々と歩く)

準備

足を閉じ、両手は腰(肋骨の下)に当てる。親指後ろ。

号令1

左足を一歩前にかかとから踏み出す。上に伸びる。左足を踏みしめ、右かかとを上げる。

右かかとを下ろし、重心右足、左つま先を上げる。

左足を踏みしめ、右足を一歩前に踏み出し、上に伸びる。左かかとを上げる。

左かかとを下ろし、重心左足、右つま先を上げる。

重心を右足に移して再び上に伸び、左かかとを上げる。

重心を左足に移して、右つま先を上げる。

左足に重心のまま右足を一歩下げ、重心を右足に移して、左つま先を上げる。

左足を戻して、準備の姿勢に戻る。

2(1)

右足を一歩前にかかとから踏み出す。上に伸びる。右足を踏みしめ、左かかとを上げる。

重心を左足に移し、右つま先を上げる。

右足を踏みしめ、左足を一歩前に踏み出し、上に伸び、右かかとを上げる。

右かかとを下ろし、重心右足、左つま先を上げる。

重心を左足に移して再び上に伸び、右かかとを上げる。

重心を右足に移して、左つま先を上げる。

右足に重心のまま左足を一歩下げ、重心を左足に移して、右つま先を上げる。

右足を戻して準備の姿勢に戻る。

両手を下ろして深呼吸。

 

足を踏み出した時、後ろに下げた時、すぐに重心を移さない。安定させてから。

斜め前に踏み出したり、斜め後ろに下がったりしない。

つま先は常に真っ直ぐ。重心を後ろに移した時もつま先は真っ直ぐのまま。太極拳と混同しない。

重心が前の時は上に伸び上がっている。重心が後ろの時は股関節を折って下に沈ませる意識。

肩や腰の位置をずらさないようにする。腰を下ろした時前屈したり、お尻が出たり、肩や肘に力を入れたりしない。

前進や後退は膝を伸ばしたままで行なう。

 

 

Comments

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用