春香会ブログ

2016/11/15 13:31覚書(陳式規定)21

  179、180転身旋掌   181、182転身捋按  183~185収脚擺掌

 

 

                  186独立擺脚   187、188震脚跌叉

 

36)擺蓮跌叉

図179

右手を左手のそばに寄せる。左手上向き、右手下向き。重心左。

図180

両手のひら上向き、指先後ろ。重心右、目は左前方を見る。

図181

重心右。勢いをつけるために、両手を右後ろに下げる。

図182

右下に下りてきてから、後ろから前(進行方向)に発勁。重心左。

図183

重心左。

図184

重心右。この後右足を寄せる時に少し体を右に回す。

図185

重心左。両手は体から離しておく。体に近づけると、足にうまく当たらない。

図186

たたき終わって、右膝を曲げ戻した時は、右肘の下に右膝がある。つまり、両手が開いた状態。膝は正面ではなく、右へ向く。

図186~187

右足で震脚。右手下に、拳心上向き、腕を突っ張らない。左手上で交差。

図187~188

右手は、拳を外向きにしながら上がっていく。目は上がっていく右手を見る。

左拳はできるだけ体の近くを通る。

左足はかかとをついて前へ出していく。制定拳のような、横にしてつま先から出していくやり方はしない。

図188

左拳内向き、右拳外向き、左拳を見る。臀部と左足の後ろ側、右膝の内側が地面につく。この形を崩さず、立ち上がる。崩れると立ち上がれない。

 

188のような形を取らないでやる時は、速くなりがちなので、少しゆっくりめに。この形を取ったのと同じ時間がかかるように。

立ち上がる時は、前進するつもりで。

両足と体を一本の線と考え、ぶれないようにする。右膝が後ろにあると立ち上がりにくいので、左腿と右膝の間があきすぎないようにする。

上体の力を抜く。

 

Comments

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用