春香会ブログ

2016/11/22 19:37覚書(陳式規定)22

      189~191提膝穿掌          192落脚踏按 193~194擦脚擺掌

 

 

 

 

        195収脚収掌 196、197提膝穿掌

37)左右金鶏独立

図189~190

右足はつま先をつけずに上げていく。

左手が胸前に来たら拳を開いて掌にする。

図190

動きを止めない。手のひらでねじり上げていく托掌ではなく、指先からねじっていく。

図191

右手のひらは斜め前を向く。陳式簡化36式ほどはねじらない。手は顔より前にある。左手は下向き。

図191~192

右手を下ろす時、左手の位置は変わらない。上に上がらないように。

図192

足幅はあまり狭くしない。

図193

重心右。

図194

重心左。右足はかかとから。

 

189で安定して立てない→重心が全部左足に移ってから、ゆっくり右足を寄せ、膝を上げる。

 

   図198、199馬歩展掌    200、201退歩推掌        202、203退歩推掌

 

38)倒巻肱

図198

右肘を前に持ってくる。右手が下向きで、左手の上を通る。

図199

左手外向き、右手外向き。腰を落とす。右偏馬歩。

図200

体を左へ回しながら、重心やや左。

両手外旋して手のひら上向きの時、重心右(一瞬)。

図200~201

左手は肘を曲げて普通に戻す。

左肘を曲げ戻す時、左重心のまま左つま先を中に入れる。

右手は内側の弧を描いて寄せてくる。

図201

左偏馬歩。

図203

右偏馬歩。

 

両手のひらを外旋するのは、つかまれた手首をはずしている。

 

Comments

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用