春香会ブログ

2017/01/22 09:15覚書(42式剣)2

 

  8弓歩穿剣 9収脚収手 10弓歩合手 11並歩点剣

 

2)並歩点剣

図8

中)斜め前方で弓歩。

全)左手は腕ごと前にやらない。肘を曲げるだけ(ここまでは剣面肘裏についている)。交差した時は剣先少し下。指立てる。

他)両手バッテン。この時は剣は腕についていない。

図8~9

中)交差して分ける時は左手を見る。

全)手を分ける時は蹬脚の分掌と同じで大きく分ける。その時の胸の向きに注意。後ろ足を寄せて、それから腰を左に回す。手を分けながら体を左に回さない。

図9

中)左足を寄せ、両手を腰に近づけて来ながら、腰を左に回す。

李)体を少し左へ回す。

全)体回る時指垂らす。

他)この時は両手下向きなので、剣は地面と平行。肘につけない。

図9~10

中)両手を上に合わせていく時は右手を見る。

他)右手が前に行く時、体が前に乗り込まない。

図10

中)左つま先斜め。

他)右かかとを上げたこの状態を作る。右足を寄せる時、剣が回る。

図 10~11

全)手首が下がった時、右足はまだかかとが上がっていて、点剣をした時かかとも下りる。

図 11

中)姿勢は低い。左斜め下に点剣。

李)両膝はかなり曲げる。10と同じ高さ。点は剣先に力点。剣指は手首につける。柄につけてはいけない。

全)点剣は剣先を遠くに。ただ落としてはいけない。劈剣とは区別する。肩から剣先まで一直線。

10で手首を下げ、11で上げる。 剣指は座腕。右手首と同じ曲げ方にしない。点剣をするのは右手だけ。

黄)並歩で姿勢(高さ)変わらず、手首はあまり大げさにしない。

他)右手はかぎ手のイメージ。右肘落とす(ゆるめる)。剣が下がった時、体も下に落とす。

Comments

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用