春香会ブログ

2017-06-30 16:10:11.0覚書(42式剣)14

 78跟脚帯剣 79弓歩削剣 80蓋歩雲剣 81弓歩抹剣 82跟脚帯剣

 

 83弓歩抹剣  84蓋歩雲剣  85弓歩抹剣

 

28)右左雲抹

図78

中)右足寄せる。つま先つけない。

全)両手を交差した時は剣先左斜め後ろ。

図78~79

李)右足はほぼ横に出す。

図79

中)右手上向き。重心移しながら切る。

全)右斜め前方まで分ける。右弓歩。

図79~80

中)左足が右足の前を通ってつま先で着地。

李)足一つ分くらい前につま先から。かかとから着いてはいけない。

図80

中)右手首に剣指つけて、右手下向き。相手の首のあたりを切ると考えて、その高さに。

回した後からが切っているところ。

図80~81

全)抹をし始める時は体の向きは左で、剣先は後ろ。

図81

全)この時は抹なので、手首を引き寄せない。引き寄せると帯になる。

図81~82

中)一度下へ引き寄せてから、また前(右斜め前方)へ。

全)後ろ足を寄せながら手を引き寄せる。さらに体が右に回る。

図82

中)つま先つけない。

図82~83

全)先に剣指が左へ動き、剣が後からついてくる。

図83

中)右手下向き。剣指離れる。弓歩。

図83~84

李)右膝上げる。

図84

中)右手上向き、剣指手首。ここから切っているところ。

図85

中)弓歩。

 

李)抹は床を横に左右に手を動かして拭くようなイメージ。

全)剣を回すところ(雲)で相手の剣を避け、その後の抹で相手を切る。相手の剣は剣面でかわしている。

雲は小さく、抹は大きめ、蓋歩は滑らかに。

右斜め、あるいは左斜めに進んでいく。例えば蓋歩で着地した時の左足のかかとは、右足のつま先の線上に、抹で切る時の右足のかかとは左足のつま先の線上にある。

78~79では腰が右に回る。80では左に、80から81では右に回る。81から82ではさらに右に回し、83で左へ、84で右、85で左へ回す。手だけでやらない。

Comments

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用