春香会ブログ

2017-07-22 09:45:08.0覚書(42式剣)15

   86跟脚帯剣             87右弓歩劈

 

 29)右弓歩劈

図85~86

李)腰を右から左へ回す。

図86

中)つま先つけない。

全)伸び上がらない。

図86~87

中)劈で振り下ろす。

 

  88蓋歩挂剣   89後挙腿架剣  90落脚擺挙   91丁歩点剣

 

30)後挙腿架剣

図87~88

中)剣先下に、挂剣。

全)87から88にかけて左足を前に持ってきた時は、右足にも重心かかっている。その後左足に乗って、右の膝から下を持ち上げる。

図88~89

中)剣は縦の円、立ち上がりながら剣指は顔の前を通る。

全)足は、88の状態から右つま先だけ上げる。

図89

中)右膝上げて足の裏を上に向ける。独立はゆっくり。

李)剣先、剣指、右つま先の方向を一致させる。

全)つま先に力を入れる。左肘伸ばさない。上げる足は無理しない。

 

31)丁歩点剣

図90

中)右足斜めに出す。

全)遠くに踏み出す。

図91

中)足は丁歩、斜め方向に点剣。

全)左足は右足のやや後ろ。前すぎない。

 

 

  92撒歩収剣 93馬歩推剣

 

 32)馬歩推剣

図91~92

李)剣を右腰に。ゴムを引っ張るような意識。

図92

全)虚歩。右足を近づけすぎない。

図92~93

李)右足はかかとから。右足を上から踏み下ろして音を立ててはいけない。

図93

中)立剣で押し出す。

李)馬歩なので、つま先開かない。左足も少し(右へ)移動する。剣指立てない。

推・・力点は肩の高さ。相手の剣を向こうへ押しやるので、剣の根元に近い部分だと力が出る。

全)両足のかかとが(右に)動く。開いた両手はほぼ同じ高さ。

右足をかかとで踏み出し、足の裏が(つま先少し中にして)全部着く時に、左腰が左へ回るのが剣に伝わる。

 

Comments

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用