春香会ブログ

2017-08-17 12:06:22.0覚書(42式剣)19

   116、117独立擺剣   118落脚抹剣  119弓歩架剣

 

40)擺腿架剣

中)剣は逆時計回り。膝を曲げ戻した後、右足は右前方へ着地。

李)彎弓射虎と同じ。剣先の方向、弓歩とも斜め。

全)剣は小さく左側へ伏せるように回す。

足を置くまでが抹、その後弓歩を完成させながら剣を上へ。

118ではまだ弓歩は完成していない。119では顔だけ回し、体を左へ回してはいけない。

他)一度少し剣が左へ行って、右に戻る時に右足を左へ振り上げていく。

剣が左へ回って左腰に両手が来る時に右膝が曲がる。

剣は上に持ち上げる。提剣と混同しない。

120収脚収剣121弓歩直刺122転身回帯123上歩左擺124、125落手站立

 

41)弓歩直刺

図120

中)左足寄せ、両手腰に引き寄せる。つま先つけない。

図121

中)左弓歩で立剣で前に刺す。

 

42)収勢

中)右手は振り回さず、肘から下を動かす。左手は腹前を通る。32式のように剣柄を上に上げない。

123の剣の位置に注意。体から離れている。

全)剣は横へ払い、剣指は縦の円。

122から124で右手は下から横へ、その後”胸前”を通って下に。124では甲が前。125で横向きに。

 

Comments

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用