春香会ブログ

2017-08-26 09:22:20.0覚書(初級長拳3路)

動作説明・要点・・初級長拳圖解より

              ※素人が訳したものです。誤訳等あるかもしれません。ご了承ください。

覚書

無印・・全拳協講習会、中野先生

他・・他の講習会

                

 

預備勢

図1

両足を揃えて立ち、両手は体の両側に垂らし、五指は揃えて腿の外側につける。目は前方を平視する。

要点

頭は端正にし、あごをやや引き、胸を張り、腰を伸ばし、腹を引く。

 

虚歩亮掌

図2

右足を右後方へ引き、左弓歩となる。右掌を右、上、前に向かって弧を描いて出す。掌心は上向き。

左肘を曲げ、左掌を腰横へ引き上げる。掌心上向き。右掌を見る。

図3

右足をやや曲げ、重心を後ろへ移す。左掌は胸前を経て、右手の上から前方へ向かって突き出して伸ばす。

右肘は曲げ、右掌を腰横に引き、掌心は上に向け、左掌を見る。

図4

重心をさらに後ろへ移し、左足をやや右に移して足先をつけ、左虚歩となる。左手を内旋し、左へ、後方へと回し、かぎ手にする。かぎ手は上向き。

右手も続けて後方へ、右へ、前方上へと弧を描く。肘は曲げ、手首を折って頭の前方上で亮掌(横掌)を作る。掌心は前向き、指は左に向け、左を見る。

要点

三動作は連貫させる。虚歩の時、重心は右足に、右大腿は地面と平行にする。左足はやや曲げ、足先をつく。

 

 

覚書)

図1

右足は斜め後ろへ。

図2

右手は真っ直ぐ前。

図3

両手は縦に大きく回す。

図4

(3で縦に回した後)かぎ手を後ろへやる時は、体すれすれに直接後ろへ。左から回してくると、体がぶれてしまうから。

左足は膝を持ち上げてからつま先で着地。

他)右掌つむじの上。

 

右手で相手の手を払って、左手で攻撃。右手で相手の右手を受け、左手は相手の首横に入る。

4の左つま先で相手の足を引っかけている。

 

 

 

Comments

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用