春香会ブログ

2017-10-29 11:21:09.0覚書(初級長拳3路)6

9虚歩栽拳

図23

右足を地面を突っ張るように持ち上げ、膝を高く上げる。

左足を伸ばし、足先裏を軸にして、右後方へ180度体を回す。

右掌は左胸前から下へ、右腿の外側を経て、後方へ弧を描き、かぎ手にする。

左手は体が回るのにしたがって掌を外旋させ、掌心を右に向ける。右手を見る。

図24

右足を右に下ろし、重心を移して、体を落として左虚歩になる。

左掌は拳にして左膝の上に下ろす。拳眼は内側に向け、拳心は後ろへ向ける。

右かぎ手は拳に変え、肘を曲げて頭の右上方に構える。拳心は前向き、左を見る。 

覚書)

図23

左手は伸ばす。右手は後ろへ振る勢いをつけるためのかぎ手なので、(かぎ手に)しなくてもよい。

腰を回す。手だけで回さない。

左足はつま先で回る。よけているところ。

右足は45度後方・・斜め後ろへ。真っ直ぐ後ろだと体が回らない。

相手が右膝の外側から攻撃してきたのを、体を右に回しながら右に払う。

図24

拳を落とす時、左肩を下げない。体全体を下に沈める。

左拳は足につけてもよい。左手首を曲げない。左掌心は南、右掌心は北に向いている。

虚歩になるのと、右拳で打つのと、左拳を落とすのが同時。

左手で相手の手首をつかんで下へ引き落とし、前のめりになった相手の顔を右拳で打つ。

他)右拳つむじの上。

 

10提膝穿掌

図25

右足をやや伸ばす。

右拳を掌に変えて腰横へ引き、掌心は上に向ける。

左拳を掌に変え、下から左へ上へと弧を描き、上からかぶせるように頭の上まで持ってくる。掌心は前向き。

図26

右足を伸ばし、左膝を曲げて高く持ち上げる。足先は中に入れる。

右掌は腰横から左手の内側を経て、右前方上へと突き出す。掌心は上向き。

左掌は右胸前に引き、立掌にする。右掌を見る。

要点

軸足と右手は十分に伸ばす。

覚書)

図24~25

右手を腰に引いてくる。体を大きく右へ回す。

図25

左手は相手の手を上から押さえ込んでいる。かぶせるように。

体が右に回り、左手が顔前に下りてくる。掌の小指側に意識。

図26

右手で刺すので、左手はやや後ろへ引く。

左膝の向きは真後ろ(北)。右手を腰のところへ持ってくる時(24~25)、右手で突き出すところ(26)、いずれも真東、斜めにしてはいけない。

Comments

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用