春香会ブログ

2019/06/28 13:53覚書(楊式規定)6

8搬欄捶

図54

中)左膝の上に手が来る。つまり体から離れている。引き寄せてはいけない。

全)体が浮きやすいので、腰の高さまで両手が下りてきてから足を寄せる。

右手は少し下がるだけ。肘を動かしたり振り回したりしない。

体を左へ回す。両手は常に体の前にあるように。

周)拳を作る時は、手首が曲がらないように。

図55

全)手首を折らない。

図55~56

全)右足は(24式とは違い)足幅やや広めに(10センチ)斜め前方へ踏み出すが、拳は真っ直ぐ前へ打ち出す。

図56

中)拳の上から左手が出ていく。手と足がいつも合ってるように。

全)拳を振り出したら左手が体の中央へ。そのまま真っ直ぐ出て行く。

図57~58

全)右肘を引きすぎて背中の方まで来ない。

構えた時は小指が脇についている。その後肘を前に出し、伸ばしていく。

いつも脇と腕がくっついて動いているイメージ。

57の状態そのままで打つ。もう打てる状態。

図58

全)左手の形をきちんと作る。右拳は胸の高さで、肘を曲げる。 

 

9如封似閉

図58~59

中)一瞬受けの手になる。

周)左手は下向きで出ていく。

図59~60

全)腕の前面部に相手の腕を感じるイメージ。

手の小指側をずっと意識する。相手にくっついている。

両手を分ける時、重心後ろへ移り始める。24式と違う。

真っ直ぐ引いて真っ直ぐ押すが、やりにくい時はごくわずか左へ。ただし表に見せない。

図60

全)右膝を少し開く。そのまま重心を後ろへ移すと、膝がきつい。

いつもつま先と膝の向きが一致するように意識する。

手の甲を相手の腕に粘着させているところ。相手を感じながら。

 

 

10斜飛勢

図62~63

全)右手は大きく動かす。左手は左を少し押す。

重心を移すのではなく、後ろへ座る。

足の上に手がある。軸は中間に。

図64

全)右手と右足一緒に寄せる。

周)ボールを抱えるのはほんの一瞬。過渡動作。

図65

中)右足を寄せながら体を回す。足を踏み出しながら体を回す。

周)股関節をゆるめ、右足首をリラックスさせる。

図66

中)途中で姿勢が高くならぬよう、ずっと低く保つ。

全)右足は遠くに出す必要はない。すぐに重心を移さず、腰を沈める。

図66~67

周)まず掤形、次に前腕、それから手の順。手のひらから先に行かない。

足を着地したら股関節をゆるめて下に沈む。

Comments

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用