春香会ブログ

2017-10-29 11:21:09.0 覚書(初級長拳3路)6

9虚歩栽拳

図23

右足を地面を突っ張るように持ち上げ、膝を高く上げる。

左足を伸ばし、足先裏を軸にして、右後方へ180度体を回す。

右掌は左胸前から下へ、右腿の外側を経て、後方へ弧を描き、かぎ手にする。

左手は体が回るのにしたがって掌を外旋させ、掌心を右に向ける。右手を見る。

図24

右足を右に下ろし、重心を移して、体を落として左虚歩になる。

左掌は拳にして左膝の上に下ろす。拳眼は内側に向け、拳心は後ろへ向ける。

右かぎ手は拳に変え、肘を曲げて頭の右上方に構える。拳心は前向き、左を見る。 

覚書)

図23

左手は伸ばす。右手は後ろへ振る勢いをつけるためのかぎ手なので、(かぎ手に)しなくてもよい。

腰を回す。手だけで回さない。

左足はつま先で回る。よけているところ。

右足は45度後方・・斜め後ろへ。真っ直ぐ後ろだと体が回らない。

相手が右膝の外側から攻撃してきたのを、体を右に回しながら右に払う。

図24

拳を落とす時、左肩を下げない。体全体を下に沈める。

左拳は足につけてもよい。左手首を曲げない。左掌心は南、右掌心は北に向いている。

虚歩になるのと、右拳で打つのと、左拳を落とすのが同時。

左手で相手の手首をつかんで下へ引き落とし、前のめりになった相手の顔を右拳で打つ。

他)右拳つむじの上。

 

10提膝穿掌

図25

右足をやや伸ばす。

右拳を掌に変えて腰横へ引き、掌心は上に向ける。

左拳を掌に変え、下から左へ上へと弧を描き、上からかぶせるように頭の上まで持ってくる。掌心は前向き。

図26

右足を伸ばし、左膝を曲げて高く持ち上げる。足先は中に入れる。

右掌は腰横から左手の内側を経て、右前方上へと突き出す。掌心は上向き。

左掌は右胸前に引き、立掌にする。右掌を見る。

要点

軸足と右手は十分に伸ばす。

覚書)

図24~25

右手を腰に引いてくる。体を大きく右へ回す。

図25

左手は相手の手を上から押さえ込んでいる。かぶせるように。

体が右に回り、左手が顔前に下りてくる。掌の小指側に意識。

図26

右手で刺すので、左手はやや後ろへ引く。

左膝の向きは真後ろ(北)。右手を腰のところへ持ってくる時(24~25)、右手で突き出すところ(26)、いずれも真東、斜めにしてはいけない。

2017-10-15 11:40:07.0 覚書(初級長拳3路)5

図17

左足を前に下ろし、両足をやや曲げる。

右掌は続けて後ろへ引き、左拳を掌に変え、後ろへ下へと伸ばす。右掌を見る。

図18

右膝を曲げて前に持ち上げ、左足で勢いよく地面を蹴って、前へと飛び上がる。

両掌は前へ上へと弧を描いて振り上げる。左掌を見る。

図19

右足を着地してしゃがみ、左足をすぐ前に削り出して仆歩を作る。

右掌を拳にして腰横に構え、左掌は上から右へ下へと弧を描いて立掌にし、右胸前で止める。左足を見る。

要点

遠くへ飛び、軽く着地する。着地後すぐ次の動作に繋ぐ。

覚書 )

図16~17

16から17は体を大きく左後ろへひねり、左掌の方を見る。見る時は顔をそちらの方へ向ける。

図17~18

手は両方一緒には行かない。右手が先。

図18~19

腰が前に向いたままだと仆歩になりにくいので、飛びながら腰を開き、体が右に向く。

飛び上がって一瞬後ろを見る。

一番高く飛び上がった時には左手は頭上で手のひら上向き、右手は後ろで手のひら後ろ向き。右手は上から押さえているところ。

他)両手の角度が90度で、後ろを見る。

 

7 弓歩撃掌

図20

右足を勢いよく突っ張り伸ばし、左弓歩にする。

左掌は左足の甲を経て、後方に向けて弧を描き、体の後ろでかぎ手にする。左腕は伸ばし、かぎ手は上向き。

右拳は腰から掌に変えて前方に押し出す。指先は上、手のひらは前を向く。右掌を見る。

 

8馬歩架掌

図21

重心を両足の中間に移し、左足先を中に入れて馬歩を作る。上体は右に回る。

右手は左へとたいらに振り、やや肘を曲げる。同時に左かぎ手は掌に変え、後方から左腰横を経て、右手の内側から前方上へと突き出していく。

掌心はいずれも上に向け、左手を見る。

図22

右掌を左胸前で立てる。

左手は左上で肘を曲げ、手首を折り、頭の左上方で亮掌にする。掌心は前に向け、視線は右に回す。

覚書)

図19~20

右掌は必ず腰から出ていく。

左手で払うのは左膝前まで。その後は真下を通って後ろへはね上げる。

左手は相手の膝の裏を払う。払う手なので、かぎ手になる。

相手のところへ飛び込むつもりで。

相手の足が前、自分の左足が後ろ、相手の膝を摟で左へ払うイメージ。

図20

押した右手のひらは真っ直ぐ前ではなくて、小指側がやや前に出る。

左手で相手の手を引き込んで右手で打つイメージ。

右足を蹴り出すと足幅が広くなるので、つま先入れてもよい。

長拳のかぎ手は手首をやや深く折り、指は伸ばして(太極拳より)長め。

図21

両手上向きにして、右手の上を左手突き出していく。

右手は21の位置まで来たら、あとは指を立てるだけで、動かない。

図21~22

左かかとをずらして体を回す方法でもよい。

図22

馬歩になる時、右足を少し後ろへ動かし、両足が一直線上にあるよう調節する。

左の亮掌で上からの相手の攻撃を受け、右手は脇への相手の攻撃を受けている。左手で上へ押さないこと。

22の左手は小指が上で、手のひらは前に向ける。真上に向けてはいけない。ただし、亮掌の練習をする時は、なるべく上に向けるようにする。

馬歩は右足で引っ張るようにして作る。右手は左胸の左寄り。胸の中央はだめ。

2017-09-26 20:28:54.0 覚書(初級長拳3路)4

2弾腿衝拳

図11

重心を左足に移し、右膝を曲げて持ち上げ、甲をぴんと伸ばして、強く前方へはじき出すように蹴る。

高さは腰の高さ。

右拳は腰横に引き、左拳で前に突く。前方を見る。

要点

軸足はやや曲げてよい。蹴り出す時は勢いよく、力点は足先。

 

3馬歩衝拳

図12

右足を前に下ろし、足先を中に入れ、上体を左へ回す。

左拳を腰横に引き、両足はかがんで馬歩にする。

右拳を前へ突き出す。右拳を見る。

要点

馬歩の時、大腿はたいら、両足は平行、かかとを外へ突っ張る。胸を張り、腰を伸ばす。

 

4弓歩衝拳

図13

上体を右へ90度回し、右足先を斜め前方へ回し出し、半馬歩となる。

右肘を曲げて右に打ち出し、拳眼は後ろ、右拳を見る。

覚書)

図11

右足は低くてもよいから、止めること。

図11~12

左拳は後ろを向きながら払う動作。

左足はかかとから下ろす。ドシンと落とさない。

図12

馬歩になる勢いを利用して右拳を打ち出す。

馬歩の目安は三足半。あとは調節する。

他)右かかとを下ろし、体が回るのを利用して拳を出す。

図13

9や13のような途中では力を入れないこと。

 

 

図14

左足を伸ばし、右弓歩となる。右拳を腰横に引き、左拳を前に突き出す。左拳を見る。

 

5弾腿衝拳

図15

2と同じ。ただし、左右反対。

 

6大躍歩前穿

図16

左膝を曲げ、右拳は掌に変えて内旋し、甲側を左膝外側へ引き下ろす。

上体は前傾し、右手を見る。

 

覚書)

図14

打つ時は後ろ足が先に伸び、その力が左拳に伝わる。

拳は小指側を少し前にすると、打つ感じが出る。

右膝の位置に重心。

弓歩は重心は五分五分。

図16

体は左後ろへひねる。

相手が足でこちらの左膝を蹴ってきたのを、右前腕内側で引っかける。あるいはよける。

 

2017-09-16 14:41:09.0 覚書(初級長拳3路)3

1弓歩衝拳

図9

左足を左へ一歩踏み出す。つま先は斜め前方に向ける。左足はやや曲げて半馬歩。

左手は上へ左へと打ち、拳眼は後ろへ向く。拳は肩の高さ。

右拳は腰横へ引き、拳心は上向き。左拳を見る。

図10

右足を伸ばして左弓歩にする。左拳は腰横へ引き、拳心は上向き。

右拳を前方へ突き出す。肩の高さで拳眼は上、右拳を見る。

要点

弓歩の時、右足を十分伸ばし、かかとは上がらないこと。

衝拳の時、できるだけ腰を回し、肩を送り込む。

 

覚書)

図9

9の時は半馬歩なので、右膝は中へ入らない。体も左へ向けてはいけない。途中の動作。

まだ重心は後ろ。半馬歩は後ろ足に7、前足に3。

左手は肘を伸ばさない。横に払う受けの手。裏拳打ちではない。拳は小指が少し前に出る感じ。

払う手の動きは肘を中心に、8での肘の高さのまま。

右拳は腰骨の上に乗っける。前の方に来ない。やや後ろ寄りで上向き。

左足は着地したらすぐに足の裏をつける。足先は進行方向。後ろ足を伸ばせばすぐ弓歩になる。

図10

10で体を前に向ける。

掌や拳で打つ時は、反対側の引いてくる手の力を利用する。

肩が動くが、頭は動かない。

打つ時に拳が高くなりやすいので注意。肩の高さ。

右肩を前に、左肩を後ろに。

手は肩で止めず、肩を前に出す。

 

2017-09-04 19:53:54.0 覚書(初級長拳3路)2

並歩対拳

図5

右足を伸ばし、左膝を上げ、つま先は内側に入れる。上体はそのまま。

図6

左足を前方に下ろし、重心を前に移す。左肘を曲げ、かぎ手を掌に変え、左脇から前方へ伸ばす。

右手は外旋し、前方下へと下ろし、左掌の右側に持ってくる。両掌は同じ高さで、掌心はいずれも上向き。

図7

右足を前へ一歩踏み出し、両手を下へ垂らし、後ろへと回す。

図8

左足を右足に並べ、両手は外へ、上へと向かい、胸前を経て、肘を曲げて下に押さえる。

両掌は拳にし、拳心は下向き、下腹の前で止め、左側を見る。

要点

並歩の後胸を張り、腰を伸ばす。対拳、並歩、頭の回しは同時に完成させる。

 

覚書)

図5

左手はそのまま前へ。

図6

両手は肩の高さ。左足一歩目。

図7

右足二歩目。

図8

左足三歩目。肘は少し前に。拳はあまり下にしない。

足は閉じる。

 

7では顔は前を向く。手を上げてきながら右手を見、8では左を見る。相手の両手を両拳で下に押さえている(按)。

8では姿勢は真っ直ぐと言うより、これから左へ進むという勢い・気迫を見せる。

 

2017-08-26 09:22:20.0 覚書(初級長拳3路)

動作説明・要点・・初級長拳圖解より

              ※素人が訳したものです。誤訳等あるかもしれません。ご了承ください。

覚書

無印・・全拳協講習会、中野先生

他・・他の講習会

                

 

預備勢

図1

両足を揃えて立ち、両手は体の両側に垂らし、五指は揃えて腿の外側につける。目は前方を平視する。

要点

頭は端正にし、あごをやや引き、胸を張り、腰を伸ばし、腹を引く。

 

虚歩亮掌

図2

右足を右後方へ引き、左弓歩となる。右掌を右、上、前に向かって弧を描いて出す。掌心は上向き。

左肘を曲げ、左掌を腰横へ引き上げる。掌心上向き。右掌を見る。

図3

右足をやや曲げ、重心を後ろへ移す。左掌は胸前を経て、右手の上から前方へ向かって突き出して伸ばす。

右肘は曲げ、右掌を腰横に引き、掌心は上に向け、左掌を見る。

図4

重心をさらに後ろへ移し、左足をやや右に移して足先をつけ、左虚歩となる。左手を内旋し、左へ、後方へと回し、かぎ手にする。かぎ手は上向き。

右手も続けて後方へ、右へ、前方上へと弧を描く。肘は曲げ、手首を折って頭の前方上で亮掌(横掌)を作る。掌心は前向き、指は左に向け、左を見る。

要点

三動作は連貫させる。虚歩の時、重心は右足に、右大腿は地面と平行にする。左足はやや曲げ、足先をつく。

 

 

覚書)

図1

右足は斜め後ろへ。

図2

右手は真っ直ぐ前。

図3

両手は縦に大きく回す。

図4

(3で縦に回した後)かぎ手を後ろへやる時は、体すれすれに直接後ろへ。左から回してくると、体がぶれてしまうから。

左足は膝を持ち上げてからつま先で着地。

他)右掌つむじの上。

 

右手で相手の手を払って、左手で攻撃。右手で相手の右手を受け、左手は相手の首横に入る。

4の左つま先で相手の足を引っかけている。

 

 

 

2017-08-17 12:06:22.0 覚書(42式剣)19

   116、117独立擺剣   118落脚抹剣  119弓歩架剣

 

40)擺腿架剣

中)剣は逆時計回り。膝を曲げ戻した後、右足は右前方へ着地。

李)彎弓射虎と同じ。剣先の方向、弓歩とも斜め。

全)剣は小さく左側へ伏せるように回す。

足を置くまでが抹、その後弓歩を完成させながら剣を上へ。

118ではまだ弓歩は完成していない。119では顔だけ回し、体を左へ回してはいけない。

他)一度少し剣が左へ行って、右に戻る時に右足を左へ振り上げていく。

剣が左へ回って左腰に両手が来る時に右膝が曲がる。

剣は上に持ち上げる。提剣と混同しない。

120収脚収剣121弓歩直刺122転身回帯123上歩左擺124、125落手站立

 

41)弓歩直刺

図120

中)左足寄せ、両手腰に引き寄せる。つま先つけない。

図121

中)左弓歩で立剣で前に刺す。

 

42)収勢

中)右手は振り回さず、肘から下を動かす。左手は腹前を通る。32式のように剣柄を上に上げない。

123の剣の位置に注意。体から離れている。

全)剣は横へ払い、剣指は縦の円。

122から124で右手は下から横へ、その後”胸前”を通って下に。124では甲が前。125で横向きに。

 

2017-08-16 10:56:41.0 覚書(42式剣)18

 110転身帯剣  111横襠歩帯剣  112独立提剣

 

38)提膝提剣

図109~110

中)まず左つま先を外に、剣を逆時計回りに引き込みながら右つま先を中へ入れる、その後左かかとを外へ回し出すなど適当に調節する。

李)109から110にかけては足はそのままでよい。左つま先を開くと、両つま先が開いて、左足を持ち上げにくくなるから。

図111

李)剣先は斜め下を通る。

全)右手のひら外向きにする。

図111~112

中)左膝を上げながら両手を分ける。剣指は剣の下を通る。

李)剣は真上ではなく、斜め上に引き上げる。

全)ただ立ち上がるのではなく、左足を切られそうになったので避けているイメージ。

図112

中)顔の向きに注意。剣は体から離し、剣指はやや内側に向ける。

李)右つま先斜め、左膝真っ直ぐ(正面)、剣指は左膝の横、剣先は左膝の前。

 

李)提剣には(攻撃の)意味はない。鞘におさめた剣を抜くようなイメージで。

 

 

 

        113落歩穿剣  114擺歩穿剣  115扣歩穿剣

 

39)行歩穿剣

中)一歩目・・右手下で交差、剣斜め後ろへ刺す。左足はほぼ横へ出す。

二歩目・・右足先外向き、剣の向きを変えて両手分け開く。

三歩目・・左足つま先内側。

四歩目・・右足つま先外側。

五歩目・・左足つま先内側。五歩目で元の場所へ戻ってくる。

剣先はこれから行く方向へ向ける。

48式や42式で擺蓮脚に入る時の手と同じ動き。

全)二歩目で剣指が上がり、手首とつま先の位置が同じで、剣先は次に足を踏み出す方向を向いている状態になる。

目線は円の中心にいる相手を見ている。相手のまわりを回っている意識。無造作に歩いてはいけない。

歩く時は両腿をくっつけるようにする。腿を離すと方向がはずれて丸くならない。

この動作に入る時、両手を斜め上と斜め下に少し開いてから、剣先を左脇腹に向かって刺していく。

回り終わった時は右足重心。左足にかかっていると、この後の右足の振り上げがしにくい。

他)足は軸足のそばを通り、踏みしめていく。サッサッと行かない。剣先に意識が伝わっているように。

 

2017-08-09 20:23:04.0 覚書(42式剣)17

  102叉歩帯剣  103弓歩反撩   104歇歩崩剣

 

35)歇歩崩剣

図101~102

中)右かかとを中に入れ、右足に重心移す。

図102

中)剣指は右手首の上。

図102~103

中)左足はつま先から着地。剣は下を通って右へ。

図103

中)両手を肩の高さまで分ける。右弓歩。

図104

中)剣指は上に。剣を立てる。坐盤。

全)剣が自分の方へ来ないようしっかり止める。

ここで次の刺す動きがやりやすいよう剣を持ち直す。

 

全)用法的には方向をさっと変えるのが目的なので(相手は101の時の真後ろにいる)、動作を切らずに一気に104まで行くこと。崩剣も103から104のように動く距離が短いことに注意。

37での崩剣は剣先の右側を使うが、103から104では左側を使う。

 

    105提膝側挙   106弓歩探刺

 

36)弓歩反刺

図104~105

中)立ち上がる時は前足(左足)に重心、立ち上がったら重心を完全に右足に移す。

図105

全)左膝を上げた時は、剣の方を見ている。左を見るとぐらつく。

図105~106

中)斜め上へ突き刺す。

全)剣を寝せない。立剣。左手は寄せるのではなく、右手の方が近づいていく。

図106

中)弓歩。右手外向き。

李)剣と腕が一直線。この時は立身中正でなくてよい。右肩を前に出す。窓を開けて身を乗り出すような感じ。

 

   107扣脚帯剣  108提膝挂剣    109弓歩下刺

 

37)転身下刺

図106~107

中)左つま先を中に入れる。右手のひらを内向きにし、剣を少し低く沈める。剣先は右。

図107

全)馬歩。ここではまだ剣先下げない。

図108

中)前を向いたまま右足を斜め後ろにつま先から下げる。

全)手をみぞおちから下へと下ろしてくる。

図108~109

中)右膝を持ち上げ、左つま先を軸にして回る。

図109

中)斜め下に刺す。弓歩。

 

李)剣を頭の上で回すようにして向きを変えてはいけない。

全)回っている間に剣指を右手首から上へかぶせるようにする。手首につけたままだと刺しにくい。

右足はつま先から着地し、かかとを入れ込むよう下ろし、左かかとを蹴り出す。

 

 

 

  

 

2017-08-03 09:58:48.0 覚書(42式剣)16

  94挿歩挙剣  95転身擺挙   96独立上托

 

33)独立上托

李)剣を回し、足を後ろに、それから剣指を寄せて回る。

図93~94

中)外側から縦の円で回す。手をゆるめれば、剣は自然に回る。

図94

中)左足重心。

黄)右足真後ろに退歩。

図94~95

中)左かかとと右つま先で回る。

図95

中)坐盤で低くなった時、剣指を右手首につける。

全)回る時は平円。

図95~96

全)剣が体の右側まで来てから上に。

膝を持ち上げる時は、持ち上げる方の足もしっかり重さを感じながら上げていく。

図96

中)方向は真っ直ぐ。剣指は手首ではなく右前腕内側につける。

 

   97落歩挂剣    98上歩挙剣    99転身穿挂  

 

  100上歩挙剣       101虚歩点剣

 

34)進歩挂剣(挂剣前点)

図96~97

中)剣先を下に、それから上に。

丁)一歩目は真っ直ぐ前。

図97

全)右足かかと上げる。

図98

丁)二歩目は少し斜め。

全)挂剣の時は腰を回すよう気をつける。剣と手首の角度は90度。

図98~99

中)剣指斜め上、右手は外向き。

両手を前(剣指)、後(右)に開く。この時肩と腕の向きを一致させるように。違っていると体がねじれたり、腰がうまく回らない。

全)98と99では重心は中間に。前に行き過ぎない。

図100~101

中)右足右前へ。右前方下へ点剣。

全)肩に担ぐようにして点剣。剣先はずっと円を描く。

図101

中)伸び上がらない。

全)体の向きやや斜め(剣指が手首についていないので)。

 

李)挂は剣先が自分の方へ向かってくる。相手の剣に当たると、外側へはじくようになる。

全)挂剣は真下ではなく、やや斜め。真下だと相手の剣からはずれてしまう(外へはじけない)。

足は最初からつま先外にしない。体が回るからつま先も外へ回る。