春香会ブログ

2015-04-10 15:24:47.0 覚書(48式太極拳)16

 

47)右掤捋擠按

 

48)十字手

 

収勢

2015-04-10 15:22:32.0 覚書(48式太極拳)15

 

 

 

43)独立跨虎

図226

全)左足寄せる。

図228

尾)手の形は単鞭と同じ。足を持ち上げる時は、つま先に意識を置く。

全)左つま先やや中へ。甲は伸ばさない。上体やや左に向く。

 

44)転身擺蓮

図229

右手はすくうように。

図231

尾)右手は指を立て、左手は下を押さえる。

 

45)彎弓射虎

右足は右斜め前方に着地。左拳で打つのは左斜め前方。 

図233~235

全)両手は180度回す。

図235

中)両手のひら下向きで肩の高さ。右手は伸ばし、左手は胸前。

図236

中)両手を拳にし、右拳は曲げ戻し、左拳は打ち出す。完成した時は双峰貫耳と同じ形。顔の向きと左手が違うだけ。

尾)両手で槍を持って、突くような形。

 

46)右搬攔捶

図237

門)手の動き・・抹

全)右つま先中、左つま先外。

2015-04-10 15:13:59.0 覚書(48式太極拳)14

 

 

 

 

 

40)転身大捋

図211

手の回す動きは小さく。その後引き上げる。

図212

門)手のひら返す。

尾)ここらへんは高くならないこと。

図213

尾)ここで少し高くなってよい。

図214

全)体に対し、真後ろに左つま先を着く。

図215

尾)ここで両手拳にする。

図216

全)腰は後ろ(背中側)へ。前の方(左方向)へ行かない。両つま先はほぼ平行になる。

全)左足の裏を着けた時には、少し体が左に回っている。

 

41)撩掌下勢

図218

門)斜め方向へ進む。

図219

全)左足かかと線上に右つま先。

図220~221

尾)右足の裏を着けたら、右つま先を外に出すと仆歩になりやすい。

 

42)上歩七星

 

 

2015-04-05 08:34:12.0 覚書(48式太極拳)13

 

 

 

 

36)退歩穿掌

図203

門)右手のひらを返す。足幅(横の間隔)はあまり広くしない。広いと力が左掌に伝わらない。

中)左掌は顔の前にある。左肩の前ではない。

 

37)虚歩圧掌

図204~205

門)この状態で回る。左肘を折らない。

全)背中側で回る。右の背中を後ろに引くことで回る。

図205~206

門)腰を回す。左手は上からおさえ込む。

図206

全)胸は斜め右。

 

38)独立托掌

図206~207

尾)(206から207にかけては)手の方が先に動く。右手が右膝の上まできて、足を持ち上げる準備ができたところで持ち上げる。(206では)右に腰を回し、(207では)左に回す。

全)206の状態の腕を保ちながら上げる。

図207

全)腰が回るので左手が少し後ろへ行ったように見える。

 

39)馬歩靠

尾)馬歩靠では左足を着地したらすぐ足の裏全体を地面につけること。かかとで着地して足の裏をつけながら靠をしてはいけない。靠でぶつかるには左足でふんばっていることが必要(左脚がしっかりしているから当たれる)。足を斜め方向に踏み出しているのは、相手の中心にこちらの肩の後ろ側で当たっているから。

図208

門)手の動きは摟膝拗歩と同じ。

図208~209

右手のひらを上向きにしていく。

図209~210

真っ直ぐに行かないで、斜め左方向へ腰を回しながら体を沈める。足の位置が決まったら腰を座らせる感じで。

図210

全)体をねじらない。おなかを後ろに引く。右手はくっつけない。

 

 

 

 

2015-04-03 12:55:14.0 覚書(48式太極拳)12

 

 

 

 

 

34)右撇身捶

図188

門)左手は右手の手首と肘の真ん中あたりに添える。

 

35)左右穿梭

図188~189

手の動き・・抹

図191

門)おなかの前で両手を返す。

図192

全)中央より右から回し始める。

図193

門)上の手が回って戻ってくる時に、下の手が離れる。

全)上の手はあまり大きく回さない。ここからの範囲内で回す。手全体が左へずれるほど回さない。

図194

全)両肘を下げる。

 

2015-03-30 13:46:14.0 覚書(48式太極拳)11

 

 

 

 

30)摟膝拗歩

図162

門)膝を曲げ戻すのと手を曲げ戻すのが一緒。

 

31)上歩擒打

図167

手の動き・・抹

図167~168

全)手を回すと言うより体を回す。ここまでは平円。この後は手を振り回さず、縦の動き。

図168~169

門)左手と左足一緒に出ていく。

 

32)如封似閉

図171~172

全)手を引いてくる時(外からは見えないが)体を少し右に回す。

 

33)左雲手

図174~175

門)右手のひら外向きで右へ。

2015-03-30 12:58:18.0 覚書(48式太極拳)10

 

 

 

26)掩手撩拳

図147~149

尾)拳は体の中央を通って下ろしてきて、拳をねじりながら振り出す(右腰に引かない)。

図147

全)中央あるいはやや右寄りに下ろしてくる。

図148

全)後ろへ右肘が出ない。体を右に回しているので右にあるように見えるが、実際は真ん中にある。

図148~149

全)この後左手のひらがはずれ、右拳は今の位置より少し下から振り打つ。肘→拳の順。左手の動きと連動させる。

 

27)海底針

図150

門)右手は縦の円、左手は横の円。

 

28)閃通背

 

29)右左分脚

蹴る方向は斜め。

図155

全)右足寄せる前にかかとを内側にずらす。

図157

尾)分脚の場合は、つま先を持ち上げようという意識を持つこと。

図158

全)手の動き・・抹。

 

2015-03-20 15:34:35.0 覚書(48式太極拳)9

 

 

22)高探馬

図135

全)右手は左つま先の上にある。左手は指先が中央にある。

 

23)右蹬脚

全体

両手は前半は平円、後半は立円を描く。

図136~137

尾)両手は平円を描く。

図138

全)両手を合わせてくる時、体は左へ回る。

図140

中)足を上げる時は、肩の位置に足が来る。つまり90度横に開くことになる。

 

24)双峰貫耳

図142

全)右足を着地する瞬間は、体が少し左を向く。足幅を取って、30度の方向へ着地するためである。真っ直ぐ前を向いて出さない。

 

25)左蹬脚

2015-03-20 15:11:31.0 覚書(48式太極拳)8

 

 

20)右雲手

全体

中)上の手は手首を返していく。どこから返すというのではなく、だんだん返していく。

図118

全)右つま先中に入れて浮いている状態。

図119

門)下の手は自分の方を向く。寄せてくる左足と上がってくる左手を協調させる。

全)右つま先下ろした時、両手の入れ替え。

 

21)右左分鬃

図129

門)交差させないで分け開く。

図131

体重を後ろへ移すと同時に腰が回る。

 

2015-03-06 16:42:00.0 覚書(48式太極拳)7

 

 

 

 

16)左撇身捶

図96

手の動き・・抹

図97

門)右手は大きく回す。

全)体の向いている方向へ左手出していく。左手が下りてこないうちに、右手が動き出す。

図98

尾)もう一方の手の外側を通る。

全)足を踏み出した時、両手が合わさる。その後腰を回す。

図99

門)腰を入れる。足幅を取る。

 

17)穿拳下勢

陳式の跌叉

図102~103

全)右拳下がる時に左拳後ろへ。

図103

全)右拳上がっていく時に左拳下がる。両方拳眼上。

 

18)独立撑掌

図104

尾)ここで右拳が下がらないよう注意する。下がると上下に分け開くというのがなくなるから。

中)ここも止まりやすいので注意。絶えず動いていること。

図105

全)左手のひら上向き。

図106

門)斜め上と斜め下に分け開く。

全)24式と違い、つま先中。手は上下に引き合う。

図107

右手はあまり大きく回さない。

全)左足を前に下ろした後、腰を右に回す。

 

19)右単鞭

図109~110

門)足は後ろへ下げる。あまり斜めにしない。

図110

尾)足を後ろへ着地した時点では右手が上向きで、左手は右手の肘の上にある。それから抹をきちんとする。

図113

全)後ろに引き込んでくる。

図116

全)股をゆるめた状態で、後ろ足を伸ばし、かかとを蹴り出す。両手とも、腕の下側~脇腹~脚へと繋がっているイメージを持つ。