春香会ブログ

2015/05/11 13:18 覚書(孫式規定)2

 

    

      図15

 

 

  

    図16  図17  図18    図19     図20  図21    図22   図23                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                     

 

 

 

        図24   図25   図26    図27   図28     図29    図30      図31

 

 

     図32

 

7)白鶴亮翅

図16

両手で前に押す。

図17

左足は右足の中ほどのところに寄せる。後ろはだめ。

 

8)開手

 

9)合手

 

10)左摟膝拗歩

図19~20

両手のひらが合って、斜め上と斜め下にサッと分かれる。

図20

左手は左膝の上。右手の指先から左足まで一直線。

 

11)手揮琵琶

図21~22

手の動き

1・・右手のひら横向きにして倒す。

2・・左手はたての円で右手の上から前へ。

3・・ゆるめる。

足の動き

1・・右足寄せる。

2・・体重が後ろ(右足)にかかった時は、左足つま先が上がる。

3・・左つま先置き直す。つま先は置いているだけで、体重は後ろ足。両膝の間は締める。

 

12)進歩搬欄捶

全体

背中からお尻にかけては必ず一面たいらになるように。片足を出した時など、でこぼこにならないよう気をつける。

さらに前へ足を出す、さらに前に手で刺すという意識で。

図23

左手の下を通って右手を突き出す。肩(この場合右肩)が前に出る。両手が離れない。

右かかとを少し上げて前足に体重をかける。

図24

右手の下を通って左手を突き出す。一直線に。膝を締める。

図25

右手ここで拳にする。

図26

主に右手を動かす(前に突き出す、後ろへ引く)。

交差した時左も拳にする。

 

13)如封似閉

 

14)抱虎帰山

 

15)開手

 

16)合手

 

17)摟膝拗歩

図32

右手は肘を左手の上に寄せてくる。左手は肘を回して手のひら上向きにする。

 

 

2015/05/11 12:55 覚書(孫式規定)1

孫式規定

全体

限られた空間の中での動作でも、気持ちはより高く、より低く、より前へという意識を常に持つ。

動作は常に一直線上で動く。

動作は常に肘と膝が相対し、手より先に肘が動く。

 

門先生講習会他

 

           図1   図2        図3    図4        図5     図6        図7         図8

 

 

            図9    図10       図11         図12                図13         図14  

1)起式

図1

足を開くのは両足一緒でも片足ずつでもどちらでもよい。足が90度開いた状態から始まる。

図2

手を上げる時は気持ちとしてはずっと後ろからという感じで。

右つま先を中に入れるのだから上体の向きも変わる。

 

2)攬扎衣

図3~4

手を下げる時は肘から先に。下げていく時は今あるところのもっと先から動く気持ちで。

図4

両肘に注意(後ろへ出ない)。

図5

指で突いていく。

図6

両膝同じ方向。右足は10センチくらい後ろにつま先。

図6~8

1・・右かかと下ろす。

2・・左つま先中に入れる。

3・・右つま先90度外、左つま先も一緒に動かしてよい。

図8

右指先真っ直ぐ進行方向。

図9

右手が戻ってくる時に右足を踏み出す。右腰を回す。

右足は一直線上に出す。斜めに出さない。

図10

左足は10センチ後ろ。 

 

3)開手~4)合手~5)単鞭

図11~12

開・・開く時は横隔膜が上がる。肘が横に開かないように。

合・・閉じる時は掌心の間にある気を逃がさないように。空気を圧縮するように。背中を後ろに引く。

図12~13

左足は横に出す。

手のひらを外側に向けて足の動きに伴って肘が開いていく。手は足の動きについていくだけ。足を出す時にはもう右手を見る。

 

6)堤手上勢

図14

右手は体の中央、手の甲は左向き。