春香会ブログ

2017-04-17 19:06:07.0 覚書(42式剣)9

         44後坐回帯   45提膝上刺    46落歩帯剣   47虚歩下截

 

16)提膝上刺

図44

中)剣先は右、左足に重心、右足動かさない。

李)右つま先を上げてはいけない。

全)剣を動かすと言うより腰を回す。剣柄は体の中央あたり、あまり右すぎない。

黄)剣を引いてきて、それから右斜め上に。大きく回さない。

図45

中)体の向きと剣の向きを同じにすると刺せない。

李)剣指は手首につける。

全)長拳ぽく遠くを刺すので、剣指は前腕に。上体や左膝は正面を向く。全部斜めにしない。

 

17)虚歩下截

図45~46

黄)32式と違い、左足はかかとで斜め左前方へ着地。

図46~47

全)後ろ足を寄せながら体を右に回し、右足を着地。右足を着地してからだと、体が回らない。

32式よりは46の動きは小さめ、この後の切り下ろす動きは大きく。

図47

全)右手は肘を曲げて引いてくると動きが縮こまってしまうので、手首を下げる。

 

截・・断ち切る

李)截は切断すること。長江の流れをぴったりと止める、あるいはサトウキビの長い茎を切断するイメージ。

下・上・横、いろいろな截がある。この場合、相手の手首を上から切るつもりで。力点は剣の中ほど。