春香会ブログ

2020/05/20 13:22 覚書(88式)8

37進歩搬攔捶

図161

この形をしっかり作る。膝の高さを保ち、胯を折り込む。 

 

38右蹬脚

蹴る方向は真っ直ぐ。

39左披身伏虎

図167~168

左手は肘を曲げて寄せてくる。

図168

右足はつま先から刺すようにそっと下ろす。

両足ともつま先が斜め左で、ほぼ平行になっている。

両膝の位置に注意。この後右足にしっかり乗る。

図168~169

両手のひら下向きで寄せてくる。左手は左膝の上を通る。左手少し早め。

左膝しっかり上げる。

足の踏みかえは静かに、腰を落として安定させる。

 

40右披身伏虎

図169~170

左つま先中へ、左手少し下りてくる。

図171

体重が左足に移って右膝を持ち上げる時、両手少し高くなる。

左手で少し押すように。

図171~172

両手下向き。右膝はっきり上げ、右肘と右膝を合わせる。

右手で右膝を払うが、伸び上がらない。

41回身右蹬脚

図172~173

右つま先中、左つま先外で、重心を左へ移す。

重心移動の間に右拳が左拳の上に下りてくる。左拳は少し上がり、分け開く時拳を掌にする。

図176

蹴る方向斜め右。

※173~174と175~176と二回分け開く動作がある。