春香会ブログ

2014-07-17 09:31:42.0 覚書(簡化24式)

 

24式(簡化)太極拳※

 

全体

太極拳をやる目的は、体のバランスを整えることにある。例えば鏡を見ながら(姿勢を)直そうと顔を横に向けていると、体がねじれ、中心もまっすぐ取れない。そういう方法で練習するよりは、他の人に見てもらった方がよい。開歩にしても、下を見ながら出すのではなく、出してから確認するようにする。

体の中心は百会と会陰を結んだ線で、それは動きの中で変わらない。足の部分では中心は空間にある。重心は、例えば蹬脚なら片足にかかるが、それだけで体を支えているわけではなく、もう片方の足(上げている方の足の腿)や、両手でバランスを取ることによって重心を支えている。

起勢が一つの動作であるのと同様、起勢から収勢までも一つの動作としてとらえる。

手のひらを内側に曲げるのはやりやすい。準備運動の時は外側に曲げる(反らす)ことを心がける。

 

予備

1)起勢

図1~4

足を閉じた状態で膝をゆるめる練習をする。

股関節を後ろへ、前に出ないようにする。

まず頭の中で考えてから動き始める。

手を上げる時は親指側から、下げる時は小指側から。

手を上げる時は肩が前へ行かないよう、体を後ろへ。

前に手が上がると、バランスを取るために背中を後ろへ。重心が土踏まずからかかとへ。

肩は真横へ向く。手が前へ行っても肩先は横、この状態を保つ。

足を出した時に首から上が動かないようにする。首から上だけ見て、何の変化もないというふうにする。

図5

膝は常に上を向く。馬歩の形。

手は毬をついている時のような形。

下へ押さえる時は手だけでなく、腕の下側全体を意識する。

百会と丹田が上下に引き合う。お尻が出ると上下には引き合わない。

膝を曲げると高さが変化するので、目の位置も変わる。同じところを見ていると顎が出たり、上目づかいになる。

(蹬脚や下勢は別として)図5の高さをずっと保つ。 

 

※全拳協講習会などの覚書です。武術連盟での教え方と異なる場合があります。

2014-07-02 19:52:39.0 覚書(48式)

気をつけること・・全体

抹をきちんとすること

左右の動作があるので、やりにくい左の動作は準備運動の時などに右より余計にやって、右と同じくらいにできるようにしておく。と言うのは、套路の中では右一回左一回となっていることが多く、套路だけをやっていたのでは左が上達しない。

拍脚や擺蓮脚は、まず膝を上げて、その状態で打つ練習をする。擺蓮脚は手を動かすのではなく、足の方が動くという点に注意する。そのために、膝を持ち上げて回す練習をする。拍脚の時も、手が上から降りてきて足を叩くのではなく、足の方が上がっていく点に注意する。勢いをつけない練習も必要。

片方の手がもう片方の手に比べて動きが小さい場合、両方同時に終わる(片方が止まったりしないで)ようにするが、動きは小さくても(目に見える部分は小さくても)意識の中では大きく動かしているようにイメージすること。つまり体の中で大きく動かすようイメージする。

足を上げた時にぐらつくのは、高く上げようと思って腰を引き上げてしまうため。軸足の腰の位置と、上げている方の足の腰の位置はいつも水平であること。

足を叩いたり上げたりするには股関節を柔らかくすることが必要なので、そういう運動を十分にやること。  神奈川県太極拳フェスティバル講習会(尾崎先生)

                                                                                                                                                                         

右手が動いている時は左手に注意し、左が動いている時は右、前の時は後ろ、上の時は下、必ず反対側のことも意識する。  全拳協講習会(加藤先生)