春香会ブログ

2016-10-24 13:26:29.0 覚書(陳式規定)19

 

 

158転体左捋159、160転体掤臂161提膝出拳162落脚旋掌163虚歩双推

 

29)白猿献果

図158

自分の方へ向かって立円を描く。左内旋、右外旋。

図159

両肘が同じ動きをする。左肘が前に出てくるが、手首は折らない。

図160

両肘が同じ動きをする。腰のところで右拳上向きにする。重心右、左つま先を外へ回し出す。

図160~161

右足は膝を曲げたまま上げていく。

図161

真っ直ぐ前を向く。

 

右膝を上げるのと、右拳を打ち出すのが一致しない→重心が全部左足に移った時、右手と右足は同時に動く。

右手が一筋の縄で右膝を引っ張っているかのように引き上げると、一致する。

 

30)双推手

図162

左に向きながら、両手を肩の高さで開き、左手を見る。

図162~163

首の横から前方へ押し出す。

図163

左膝の向き斜め。

 

右足を下ろして馬歩にするのと両手の分け開き、左虚歩と両手の推しを一致させる。

 

2016-10-12 17:40:02.0 覚書(陳式規定)18

 

  150、151転身旋掌   152~154擦脚合臂   155、156転身旋臂

 

            157弓歩発拳

 

28)指襠捶

図150

腰を右に回す。

図151

腰を左へ回す。

図152

右に回す。

図153

両手胸前で交差。

図154

左足は斜め前へ。

図156

ここまでは掩手肱捶と同じ動き。

図156~157

体重をやや左に移しながら、左手が下がってくる。

右拳は左手の上を通る。

図157

斜め下にねじりながら打つ。だいたい左膝の位置くらい。

 

150では左手が先に動くが、右手も少しは動いている。右つま先を中に入れると回しやすい。

152で右手が追いつく。

 

 

 

  

2016-10-08 09:36:15.0 覚書(陳式規定)17

145屈膝分掌  146弓歩穿掌  147拧腰旋掌 148、149転身推劈

 

27)閃通背

図145~146

両手を時計回りに回し、右手を前方上に刺すように出す。右手は腰のところで上向きに。

図146

左手指先前方、あるいはやや内向き。左つま先真っ直ぐ。

図147

上体を左へ回す。

図148

左手は首の横から。右足は弧を描いて180度回る。

図149

左手指を立てる。やや右重心。左かかとを調節する。

足幅はあまり開かない、狭め。

 

回る時に姿勢が高くならない。

145から146にかけて手を回す時、あまり大きく振り回さない。右手をすくう時、上体がのけぞらない。

148から149にかけては、まず回って、足の形が完成する時に左手が前へ出て行く。

体を回す時、右足が上がってしまう→回す時は右足前裏を地につけ、擦るようにする。

右かかとを踏み下ろすのと、左手で前に推し叩くのが一致しない→同時にやって、前後に引っ張り合う勁を形成する。

 

 

2016-10-07 08:59:10.0 覚書(陳式規定)16

  127、128転身捋掤   129、130撤歩刁托       131、132跟歩前推

 

 

 

  133、134撤歩刁托    135、136跟歩前推         137撤歩左捋   138、139退歩刁托

 

 

      140、141跟歩前推  142撤歩刁托  143、144跟歩前推

 

25)右連珠炮

図127

体を左に回し、右手を寄せる。

図128

体を右へ回し、両手が上がってくる。

図129

両手で前に押し出す時、左足を後ろへ下げる。左足はつま先から着地。

図130

両手を引き上げる時、右足少し寄せる。右足はつま先。

勁は右手は掌指、左手は手背。

図130~131

首のところで両手を開き、左の肘を下げる。

図131

両手は首横からゆるめて胸前に下ろしてくる。背中真っ直ぐ。顔の向きに注意。

図131~132

左足を寄せる時は上げない。いやいやついて行く感じ。

図132

右手の方が少し前にあって、肩の高さで横向き。左手は立てる。

膝をゆるめ、頭、腰、足と一直線になるように(腰は足の上に乗っかっている)。

手は前に、背中は後ろに。両手で前に発勁。足の踏み込みが手に伝わる。

図133

姿勢を低くし、両手はやや前から。左足はつま先。

 

後ろ足を前に移動させる時は、かかとで地面を擦るようにする。

130で相手の手を持ち上げておいて、自分の重心を低くしておいて、ぶつかっているイメージ。

131や135の右足は、相手の足の後ろに踏み出しており、左足を寄せながら相手の脇の下を押している。

 

26)左連珠炮

図137

両手を左下に下げながら後ろへ下がる。

 

足を寄せてから震脚してしまう→跟歩は前に向かってかかとで踏み押さえるようにし、足は地面からあまり離してはいけない。

前を押す動作で両手がこわばり、伸びてしまう→両手は上体が回って前に発勁する時に押し出す。腕はやや曲げ、掌や手首ははじくようにする。