春香会ブログ

2017-11-10 20:08:42.0 覚書(初級長拳3路)7

11仆歩穿掌

図27

右足を曲げてしゃがみ、左足を左後方へ削り出して、左仆歩になる。右手は動かさない。

左掌は右胸前から下へ、左足の内側を通って、左足の甲に向かって突き出していく。目は左掌を追う。

 

12虚歩挑掌

図28

右足を伸ばし、重心を前・・左足へ移し、左弓歩にする。右掌はやや下に下がる。

左掌は重心が前に移るのにしたがって前方へ跳ね上げる。

図29

右足を左前方へ踏み出し、左足は半分かがめて右虚歩にする。体は足の踏み出しにしたがって左へ180度回る。

右足の踏み出しと同時に、左掌は前から上へ後方へと弧を描き、立掌となる。

右掌は後方から下へ前方上へと跳ね上げてきて、立掌となる。指先は目の高さ。右掌を見る。

要点

上歩は速く、虚歩は安定させる。

覚書) 

図26~27

左足は斜め後ろに出す。

図27

左手は体から離さない。

図27~28

左膝を曲げて体を前に押し出す。前傾する。

図28

左手は前から上へたてに回す。真上に上がった時、右膝を持ち上げる。

図29

両腕は180度開く。後ろの手はやや曲げ、前の手より少し高い。

右手を立てる時は、手首の内側を曲げる。右つま先はそのままでも、やや近くに置き直してもよい。

足の向きはほぼ真っ直ぐだが、右つま先はやや斜め。

29の右掌は下から突き上げる手。押す手と区別する。手のひらが前を向くのは誤り。横向き。

29の左手は18で飛んで後ろへ押した時の手と同じ。