春香会ブログ

2020/02/28 15:20 覚書(88式)4

15斜攬雀尾

図59~60

右手のひら上向きで上げていく。

相手の手(肘)を取りにいっているところ。左手は相手の手首。手のひらを返せば相手を押さえられる。

図60

右手のひら下向き、左手のひら上向きに向かい合わせ、引いてくる。

右手が上がっていく時、体を少し右に回す。59で体が右に回りすぎているとそれができないので、回す余地を残す。

右手が上がっていく時、体を左に回すと楊式になってしまう。

16肘底看捶

図65~66

右手下向き、左手外向き。

図67

ここまで単鞭と同じ動き。

図68

左手肘を曲げて左へ払う。小指が上、手のひら外向き。右手は下向きで下へ。

88式は両手の高さが違う。楊式は両手同じ高さで回る。

左足は斜め前方に踏み出す。

図68~69

右手は下向きから回しながら上向きに、回り終わった69では下向きに。

左手はすくうように、69では腰で上向きに。

図69~70

左手は返したらそのまま前へ。突き上げるとか無駄な動きはしない。

右手は拳眼上の縦拳。体の中心は両足の中間。

 

17左右倒巻肱

動きには遠近をつける。70~71では右手は体のすぐ近くを通り、71~72では離れていく。

 

2020/02/24 11:46 覚書(88式)3

10手揮琵琶

11進歩搬攔捶

図45~46

体を左に回し、両手を下向き、右手は拳に。

手だけで回さない。

図47

右足かかとが左足の土踏まずの線上に来るよう着地。

図47~48

手は大きく振り回さず、足の動きと合わせる。

12如封似閉

13十字手

図54~56

手の動きを止めない。

図56

左つま先中に入れて寄せる。

図57

両手が上がっていきながら、右足にもだんだん体重がかかる。

14抱虎帰山

図57~58

左手が下りる時は右足に重心。その後完全に左足に体重を乗せる。

だんだん低くなる。

2020/02/12 15:31 覚書(88式)2

5提手

図23

右手はかぎ手をゆるめて開き、下向き。左手もゆるめる。体を右に回す。

図23~24

体を少し左へ回す。両手下向き、左手やや近くへ寄せる。

右の股をゆるめるから右足が上がる。右膝を上に向けていく。

体が傾かないよう目線に注意する。指に力を入れない。

図24

両手は手揮琵琶より少し高め。押し出すがあまり表に出さない。

6白鶴亮翅

図24~25

右つま先を中へ。左手は引く時に上向きに返す。

図25

体は真っ直ぐに保つ。

股をゆるめるから右足が上がる。

足先だけでなく、足全体を回す(つま先が中に入るのも足が回っているから)。

図25~26

かかとがあったところに右つま先を置く。膝が上を向くように置き直す。

図26

手はボール、体は真っ直ぐに。

右足着地したら膝を曲げ、下に沈む。

図26~27

右足に重心移るのと、右手が上がっていくのが一緒。

左手を押す時は、右手が体より後ろへ行かない。その後両手を開く。

7摟膝拗歩

図27~28

右手は左へ回さず、そのまま下へ。体が回る。

8手揮琵琶

 

9左右摟膝拗歩

下の手は(後ろではなく)横に上げていく。体の向きによって、両手の動く範囲は決まっている。

足を踏みだすとまた手の動ける範囲は変化する。

足を寄せた時と、踏み出した時とでは膝の位置が違い、体の向きも変わるので、上の手の位置も変わる。

中心は鼻先なので、手は曲げ戻したらすぐ中心へ持ってきて押し出す。耳の横からそのまま前へ行ってはいけない。

 

2020/02/07 13:54 覚書(88式)

 

1予備式

2起勢

図3

指に力を入れない。

図4

膝とつま先を同じ方向にすると、股が丸くなる。膝を無理に外へ開かない。

3攬雀尾

図5

右手が上がるのと右つま先開くのと一緒。

腰の回し具合によって、左膝の向きも変わる。

左つま先は右足の中ほど。

図6~7

右足を寄せるために腰を少し左へ回す。体重の移動はしない。

図7

右つまさきは左足の中ほど。

 

図8~9

左手を上げていく。

図15~16

両手で縦の円を描く。

図16

背中を真っ直ぐにし、この姿勢のまま前へ。

手を引いてきた時、腰部や臀部を下に下げない。

 

4単鞭

図18~19

右手内向き、左手外向き。