春香会ブログ

2020/09/30 09:23 覚書(88式)13

76転身十字蹬脚

図350~351

左つま先を中に入れる。

図351~352

左手はそのまま、右手は左手の下を通って上がってくる。

右足寄せながら体を回す。

図353

両手は体の前にある。蹴る方向真っ直ぐ。

77摟膝打捶

図354

体を右に回し、右手はすくうように上向きにして拳にする。

図354~355

右手は拳にしたら、そのままの高さで前へ。

左手は膝前を払う。

図355

右拳は腰の高さ。あまり腕が体から離れない。

78上歩攬雀尾

図355~356

左手のひらはっきり上に向ける。それからボール。

79単鞭

80下勢

図371~372

右つま先をできるだけ外に回し出す。左かかとを蹴り出す。

81上歩七星

82退歩跨虎

図374~375

両手は一緒に下に押さえつける(48式は右手が早い)。

図375

両手は右上と左下にやや広めに開く。

右手指先はやや内側に向ける。真上ではない。

83転身擺蓮脚

足の動き

1・・左かかとを外側にずらす。

2・・左足に重心を移し、右つま先を外に。

3・・右足のそばを通って左足を前に。

4・・左足のつま先を中に入れ、重心は右足に移る。

5・・右かかとを中に、左足に重心。

6・・足をたたく。

手の動き

左手はすくうようにして、腰のところではっきり上向きにし、突き出していく。方向は斜め(図377)。

右手が上、両手は体からはずれない(図379)。

足をたたく時、両手は横に動く。下にカーブしない。

 

 

2020/09/28 11:15 覚書(88式)12

61左右倒巻肱

図287~288

287の後、体を右に回す。前を向いたまま足を後ろにやるとぐらつく。

右手を後ろに。

図288

右肘曲げ戻した時、左足後ろに。

62斜飛式

 

63提手

64白鶴亮翅

65左摟膝拗歩

66海底針

67閃通臂

68転身撇身捶

69進歩搬攔捶

 

70上歩攬雀尾

71単鞭

72雲手(3回)

73単鞭

74高探馬

75左穿掌

図349~350

左足は少し寄せてから、かかとで半歩前に。

右手はやや左へ下ろす。

左手は右手の甲の上を通る。

図350

左手は目の高さ。手のひら上向き。

右手は左肘の下。手のひら下向き。

 

2020/09/27 09:51 覚書(88式)11

 

53単鞭

54左右穿梭(四斜角)

図239~240

重心をやや右に移しながら左つま先を中に入れる。

240ではまだかぎ手のまま。

図240~241

右かかとを内側に入れ、半坐盤になる。

図241

重心後ろで前足は少し伸びて両手はボールを抱える。

図242~243

左つま先を中に入れ、体が右に回り、両手を合わせていく。

図243~244

右足は左足の後ろにつま先で着地。

 

 

 図245~246

右足のつま先を少し外へ回し出す。

図248~249

右足は左足の後ろに。

図249

押す手は攬雀尾の推按と同じ。両手は体の前に、体の回しを使って手が動く。

249では右足を出した時、右肘と右膝が合う。両肘同じ高さになる。

※二回目と四回目は右足のつま先と、左足のかかとを外にずらすことによって体を回す。

体が回る時、足を踏み出す時、押していく時、肩の位置がずっと変わらない。

肩越しに後ろを見る感じにして、あごを引いて、頭を真っ直ぐに保つ。

手がボールになるのは体が回っている一瞬で、すぐに押し始める。いつまでもボールを抱えていない。常に先へと動いていく。

55進歩攬雀尾

図252

重心を後ろに移し、左つま先外へ。

56単鞭

 

57雲手

 

 

58単鞭

図282~283

右つま先を外に、次に左かかとを蹴り出して低くなる。

左つま先を中に入れると足幅が変わらない(仆歩にするには足幅広げたい)。

59下勢

図283

体は斜め方向を向き、顔もそっちに向ける。

図284

左手が進行方向に伸びていく時顔もそちらに向ける。

体をどんどん左へ回す。

60左右金鶏独立

図285

体を左に回すのを利用して左足を寄せる。

図285~286

左手を下ろすのと、腰を右から左へ回すのを利用して立ち上がる。左足にしっかり乗る。

右腰をどんどん前に出し、反対側は後ろへ引くイメージ。

図286~287

右足は少し後ろに着地。

※常に体の前に手があるように。