「けんけんず」が行く!上越おでかけブログ

新潟県上越市の観光に関する最新ニュース、周辺の観光・おでかけ情報、けんけんずの活動情報などをスタッフが発信していきます!

2013-09-11 18:55:14.0 上越はおいしい!地産地消推進の店スタンプラリー♪

みなさん、こんばんは。

以前、バイ貝を見て、タニシと勘違いした(茶)です・・・日本茶

 

(茶)はちょっと貝が苦手なので、あまりお目にかかることがなかったのですが、以前に目の前で初めて(?)バイ貝をじっくり見る機会があって、そこでうっかりタニシと勘違いしてました・・・。

タニシを見たのも、20年近く前のおぼろげな記憶だったんですが、なんだか似てるなぁ~と思ったら、全然違いました。

バイ貝好きのみなさん、すみません。。。

昨日、バイ貝を目にする機会があったので、そんなことを思い出した(茶)です。

 

 

さて、9月に入ってからの更新が毎回”食”に関する情報ですが・・・・今日も”食”の情報です!

やっぱり食欲の秋!ですからね洋食

 

その名も「上越はおいしい!地産地消推進の店スタンプラリー」ですきらきらきらきら

まさに、食欲の秋にふさわしい企画ですね~

参加方法は簡単!

地産地消推進の店で対象商品を、買うor 食べて、応募用紙のスタンプを集めて応募するだけ★

抽選で100名様に、上越の美味しい特産品が当たりますクラッカー

 

 

集めるスタンプは3つ!

ちなみに、1つの店で対象商品を3つ買う・・・のではなく、異なる3店舗なので注意してくださいねパトライト

 

 

詳しくはこちらをご覧ください↓(指)

http://www.city.joetsu.niigata.jp/soshiki/nougyou-seisaku/stamp.html

 

 

応募用紙は、参加店舗・農業政策課及び各総合事務所などの市内施設においてあるほか、上越市ホームページからもダウンロードできますよ!

ダウンロードは上記URLからダウンロードできます八分音符

 

 

ぜひ、上越の美味しさを満喫してくださいねっ!

 

 

 

(茶)でした日本茶

2013-09-03 21:29:31.0 越後上越meetsトップシェフ~上杉謙信公「義の宴」~

みなさん、こんばんは。

土曜日夜の土砂降りで足を滑らせて、エスカレーターの上から真ん中くらいまで転げ落ちた(茶)です・・・日本茶

 

腕がすっごく痛かったけれど、グッパーができたので「骨折はしてないな」と思い、目的地に急いで向い、いざ明るいところで見たら、おにゅーの白いシャツが真っ赤に・・・どくろ

でも、実際は絆創膏でおさまるくらいの大した傷ではありませんでした。

なかなかそんな不用心な方もいらっしゃらないとは思いますが、みなさんも一応ご注意を。。。クローバー

 

 

さて、そんなドジ話は置いておいて。

9月に入り、少しずつ朝や夜も涼しい日もちらほらと。

もうすぐ秋ですねハーブ

秋と言えば・・・食欲の秋っ!(定番ですけど)

 

 

ということで、今日ご紹介するのは、上越市の食材と、ななんとプロのシェフのコラボ企画!

その名も上越の食フェア「越後上越 meets トップシェフ ~上杉謙信公「義の宴」~」ですっ花丸

上越の自慢の食材が、東京の名シェフの手にかかると、どんな素敵な料理になるのか・・・きらきら

それを確かめるのは、貴方っ!!!!!!(ゝω・´)

 

 

 

実は、この企画。既に始まっているのですっ!

 

■第1弾・・・平成25年8月28日(水)~9月10日(火)

■第2弾・・・平成25年9月1日(日)~9月14日(土)

 

なんと、実は第1弾のメニューも第2弾のメニューも味わえる素敵期間真っ最中!

ゼヒ、貴方の舌で、トップシェフによる上越の食材を味わってください(*^^)/

 

 

詳しくは、コチラをご覧ください~↓(指)

http://www.city.joetsu.niigata.jp/soshiki/nougyou-seisaku/syokufair-topchef.html

 

 

ちなみに、チラシをダウンロードすることも可能みたいです↓(指) 

http://www.city.joetsu.niigata.jp/uploaded/attachment/75973.pdf

 

 

 

そして、上越の食材に惚れたら、ゼヒ上越にお越しになった時に、寄ってみてくださいね八分音符

あるるん畑の野菜など、インターネットで直送販売しているところもありますよ!

 

 

ゼヒご賞味くださいマセ★

(茶)でした日本茶

2013-06-11 23:58:23.0 レルヒさんいただきますm(_ _)m

みなさん、こんばんは。

さっそく・・・!

まーこが紹介していた、今日新発売のレルヒさん商品、食べちゃいました(茶)です日本茶

(=v=)ハートへへ


その名も・・・

「ラップスフランク&カレーソース」!!きらきら

えぇと、確か・・・「ジューシーなあらびきポークフランクとカレーライスをトルティーヤ生地で包んだ商品」だったでしょうか。


まず、”ラップス”ってなんだろう。と調べてしまった(茶)です。。。

きっと、普通に包むって意味ですよね(笑)



・・・はい、そんなおとぼけ話は置いておいて。

じゃじゃじゃんっ!

1864_137096062700.jpg

GETだZE★

(シールを剥がすべきだった・・・!)


レルヒさんのイラストが良い味だしてますよね~。

あ、味覚という意味ではなく。

若干、首をかしげる・・・というか、右にスライド(?)しているところが、また良いですね。



この商品は、「要冷蔵」ですが、食べる時はレンジでチン☆するようです。

せっかくなので、自宅でやらず、お手本!とばかりに、定員さんに温めてもらいましたラブハート

どうやら、レンジでチン☆する前に、ちょこっと端を切っておくのがコツなようです電球


レンジでチン☆したあと、カレーの食欲をそそるスパイシィ~インド人な匂いが、辺りに・・・目がハート

(¬ ̄*)じゅるり。



では、開けてみましょうか。

じゃんっ

1864_137096062701.jpg

ウィンナー・・・というか、フランクフルト?が・・・すごく大きい!

なんとも食べごたえありそうです。

ホカホカドキドキハート



では。

早速、いただきまーす★





・・・美味しいΣ(゜w゜)!!



ちょっとピリ辛と聞いていたので、辛いのが大の苦手な(茶)は、おそるおそる食べたのですが・・・雷全然大丈夫でした※というか、美味しいっ花丸花丸花丸

辛いのがニガテな方でも、美味しく食べられますよっ!

カレーは甘口しか辛すぎて食べられない(茶)が言うくらいなので、どうぞ安心してくださいひよこ


そして、包んであるナンのような・・・えっと「とるてぃーや」でしたかね。・・・も、とっても美味しい花丸

それに、なんと言っても、フランクフルトがジューシーです(¬ ̄*)

1つ丸々食べると、結構お腹いっぱいです。大満足です。



正直言うと、想像以上に美味しかったですてれてれ

サスガ、レルヒさん!


気になる方は、ゼヒ味わってみてくださいマセ!



ごちそうさまでした日本茶



おまけ。

1864_137096062702.jpg

商品陳列棚の上にも、大きくPRされてました



明日は、謙信公祭の出陣行列について、発表があるとか・・・!

明日もブログちぇっくデスダッシュダッシュ



(追伸)

なんだか、昨日のアクセス数スゴイですねびっくり

600を超えるとは・・・ここ最近では最高かも・・・キラリ

ありがとうございますあせりきらきら

これからも、けんけんずのおでかけブログをよろしくお願いしますっ!!!!!!!!!!!!!!!!

2011-12-31 15:18:02.0 大晦日

みなさん、こんにちは。

(茶)です日本茶


今日で2011年も終わりですね・・・

今年は色々あり、激動の1年とよく言われますが、皆さんはどのような1年でしたでしょうか。


さて、今日は上越市のイベントについて・・・というよりは、ちょっと大晦日&正月にまつわる新潟県の面白い話を耳にしたので、投稿デス猫その話とは・・・明日、皆さんも食べる方も多いであろう・・・「おせち」!

どうやら、新潟県民は大晦日の夕飯におせちを食べることが多いらしいです電球

「新潟県民」と言っても、全部の市に聞いたわけではないのですが・・・特に中越~下越、下越の中でも北の方は多いみたいです。


(茶)としては、新年が明けたおめでたい時に、縁起のよい食べ物が多いおせちを食べるイメージがあったので、初めて聞いたときはびっくりしました雷

年越しそばもちゃんと食べるということでしたから、大晦日におせちを食べる地方の方は、豪華な夜ですね三日月

知人に聞くと、上越地方の方でも大晦日におせちを食べる人もいると聞きましたが・・・皆さんは、おせちはいつ食べる派でしょうか!?


よく、お雑煮に入れるお餅は、丸か四角か~とか、煮た餅を入れるか焼いた餅を入れるか~なんて話はよく聞きますよね!

日本って世界でもそんなに大きい国の方ではないとは思いますが・・・地方によって、食の文化は、食べる物も季節も時期も違うところが、面白いところですよね花丸

その土地のおいしいものや、縁のものを食べるのも、観光やお出かけした時の楽しみの一つ!

是非、上越に遊びに来た時は「上越ならでは」のものを食べてくださいねきらきら


それでは・・・今年もありがとうございました!

よいお年を~富士山



2011-12-01 20:25:23.0 川渡餅の日。

こんばんは、(茶)です日本茶


先日の閉鎖感謝祭、ファイナルイベントにお越しくださった皆様、本当にありがとうございました!

(茶)は当日残念ながら高熱が出て行けなかったのですが・・・涙ぽろり大盛況に終わったと聞いてますきらきら

武将隊については、今後の動きもどうぞチェックしていってくださいね!


また、ゆるキャラグランプリに投票いただいた皆様もありがとうございました!

けんけんずは・・・176位でした・・・

約350人(人じゃないですが・・・)のエントリーがあったということですから、大体ゆるキャラの中ではちょうど半分くらいなんでしょうかね。

ちなみに、レルヒさんは10位ということで、記者会見でも相当悔しがっていたようですね。一時期3位を競っていましたからね。


ランキングはこちらをご覧ください↓(指)

http://www.yurugp.jp/index.php?uk=


来年はさらに上を目指すべく、そしてさらなる上越市の魅力をPRするために、今後もけんけんずたちには頑張っていただきましょうグーダッシュ

これからも、けんけんずに応援よろしくお願いいたします★


さて。

今日は何の日ふっふ~ん音符

はい!今日は「川渡餅の日」ですねうれしい

「かわたりもち」と読みます。


去年も(の)さんよりご紹介がありましたが・・・川渡餅とは、われらが英雄・上杉謙信公が、永禄4年(1561)に武田信玄公との戦の前夜に、士卒に餅を配って川を渡り、旧暦10月10日未明に武田軍との激戦の末に勝利した所以があります。

以来、謙信公の戦勝と武勇にあやかるよう、川を渡る前に食べた餅を12月1日「川渡餅」と称して食べるようになったんだとか。


上越では、この「川渡餅」が11月30日と12月1日にお菓子屋さんで売られるんです目がハート

期間限定っていうのがまたいいですよね・・・キラリ


実際はどんな感じかと言うと・・・↓

1864_132273413700.jpg

ぅゎ、すっごい光ってる青ざめ

左のおはぎみたいなのが、「川渡餅」です。


中は・・・

1864_132273834500.jpg

こんな感じで、もっちもちのお餅の周りにあんこがきらきら

あんころ餅みたいなものでしょうかチュッ

金沢名物のあんころ餅よりも大きくて、お餅もたっぷりなのが特徴でしょうか※


今年は今日でおしまいなので・・・来年は是非皆さんもご賞味あれ~


◇◆◇


今日から12月ですね。冬だぁーゆきだるまきらきら

四季を満喫できる上越では、冬も楽しみがたくさんですよ八分音符

お楽しみに!


(茶)でした宇宙人若葉マーク

2011-10-30 00:02:28.0 「謙信公の膳」レポート★

こんばんは、(茶)です日本茶
皆さん、無事にお過ごしでしょうか?
(茶)は、昨日はいつもどおりの日常でした(笑)

さて、(茶)は今日は念願の謙信公のかちどき飯をいただいてきましたよ!
しかも、いきなり「謙信公の膳」きらきら

では早速、この味を忘れないうちにレポ!
写真たーっくさん撮ってきたので、長いですがどうぞお付き合いくださいハート


実は、このかちどき飯は提供店によって、少しずつメニューも違うそうなんですが、(茶)は松風園のかちどき飯をいただいてきました猫

まずは・・・謙信公のかちどき飯のおさらいから!
「上杉謙信の日常の食事は一汁一菜の質素なものでしたが、ひとたび出陣となれば、飯を山のように炊かせ、部下将兵に山海の幸をふんだんんい振る舞ったと伝えられます。謙信が、勝利のかちどきを挙げることを願って用意した料理とはどんなものだったのか――。「謙信公のかちどき飯」は、当時の文献にのっとり、当時の食材、調理法で作りました。」

・・・とのこと。
当時、一般的でなかった醤油、砂糖は使用していないということですから、どんな味なのか楽しみですね!


というわけで。
早速ご紹介!


まずは、全体像から。

1864_131989082100.jpg
本当は、食べてお皿を空けながらそのお皿を片して、そのスペースにまた新しい料理を出すそうなんですが、最初にほぼ全ての料理を出してもらいました!
最初に並べて写真を撮りたいお客様が多いそうで・・・やっぱり、並べて写真撮りたいですもんね!
ちなみに、左下の紙にメニューが書いてあるのです。
あ、右横の飲み物はかちどき飯のメニューのものじゃないですよ。ビールですね乾杯´∀`*)


では、まず右上からご紹介。

1864_131989082401.jpg

戦国さしみです熱帯魚

「さしみ」と言っても、現代では生のお魚をいただく文化がありますが、戦国時代は生のお魚を食べる習慣がなかったそうで。

きっと、運んでいるうちに傷んじゃうでしょうね。

なので、この戦国さしみでは、酢で〆た「さしみ」なんだとか。

もちろん、先ほど言った通り、醤油は使わないので(醤油の醸造が始まったのは江戸時代以降なんだそうです)、「辛み」を載せて調味した酢につけて食べるんです。

右に3色のちっちゃい山が見えますかね?

信号みたいな配色ですが、上から妙高の絶品「かんずり」、生姜、わさびの「辛み」なんです!

これをお刺身に載せて・・・


1864_131989087201.jpg

こちらのどちらかのお酢に浸して食べるのデス!

ちなみに、右が「煎り酒」と言って、酒に鰹節と梅干を入れて煮詰めた当時の調味料。左が「ずんだ酢」です!ずんだ=えだ豆。

梅干・・・と聞いて、謙信公の鉱物だったなぁーと思い浮かんだあなた!さすがです!

ちなみに、(茶)のオススメコラボは、「かんずり」+「ずんだ酢」ドキドキハート

(茶)的に「ずんだ酢」大ヒットデス目がハート


さぁ、お次は右下の料理。「膾(なます)」

1864_131989086900.jpg

鮎の子を煎ったもので鮎を和えたものです。


お次はメインの三種の神器(ぽく見えるもの)!「出陣の儀の組肴(くみざかな)」

1864_131989082602.jpg

出陣に際しての儀礼として、縁起のよい食材とともに三々九度の盃を交わしたそうです。

三々九度というと、結婚式なイメージがありますねー。一つの器で飲むことで誓いを交わすというのは同じなんでしょうね。

その盃が手前の白い小さな盃です。

ちなみに、この縁起のよい食材は、右から結び昆布、打鮑(あわび)、勝栗です!

当時の食を再現したからか、結構歯ごたえがありました。


真ん中は「胡桃浸し」!

1864_131989087402.jpg

なんだか、ピンボケですね・・・早く食べたくて、一枚ずつしか撮ってなかったのです涙ぽろり

このお料理は、季節の茹でた野菜と胡桃を和えたもの。砂糖の代わりに、当時は保存の利く胡桃が甘味の調味料なんだそうです。

このかちどき飯を食べていると、砂糖が使われていないせいか、胡桃がすっごく美味しいんです!


そのお隣、「煎りもの」です!

1864_131989091100.jpg

これもピントが・・・

白いのは烏賊、緑のは瓜ですね。葛で打ち、たれ味噌で煎った一品。食材と葛のトロリとした食感の融合・・・!キラリ


その左下は、「糠味噌煮」。

1864_131989091401.jpg

・・・これも・・・

内訳は、鰯、ナス、筍、こんにゃくですね。

仕込みの際に糠を入れた味噌の一種は、汁物や煮物の一般的な調味料なんだそうです。今も味噌は欠かせない調味料ですよね!あ、上越のお味噌も美味しいんですよ!

糠って聞いて、結構癖があるのかなぁーと思いきや、くさみも全くなくて、美味しかったです!ナス美味しいですよねぇ(´ェ`*)


さて、見た目も豪華なこちらは・・・「炙り焼き」です!

1864_131989095402.jpg

すり潰した松の実と、たれ味噌を合わせた「松の実みそ」をつけていただくそうです。

手前から、合鴨の胡桃炙り、川エビ、串芋(里芋です)、キスの焼き浸しです!

この「松の実みそ」すっごく美味しいんですよ!

そして、(茶)がかちどき飯でイチオシなのがこの「合鴨の胡桃炙り」!

唯一の肉ですね肉

当時は、四本足の野獣はNG。爆弾食べていい肉は二本足の鳥だけだったそうで、鴨はもちろん、雉、鶴なんかも食べたみたいですよダッシュ鶴って今からするとびっくりですよね。今天然記念物指定ですし進入禁止

うさぎの一羽、二羽・・・なんて数え方の由来は、跳ぶから無理矢理鳥扱いにして食べていたことから――なんて話も有名ですもんねうさぎ


次は、「けずりもの」

1864_131989094800.jpg

先ほども出てきた、「煎り酒」に浸した、するめと鰹節。酒宴の必須料理だったそうです。

確かに、お酒にはピッタリの一品でした。


お次は、「和えもの」

1864_131989095101.jpg

サザエです!見るからにですね。

腸とたれ味噌、山椒でさざえの身を和えたものだそうです。腸は当時味付けに使われていたそうですよ。


ここで、ひとつ豆知識をば電球

上の写真のサザエをよく見ると、「角」が生えているのがわかるでしょうか。サザエには、角ありと角なしのサザエがあって、角ありのサザエは荒波でも流されないように、角で踏ん張るんだそうです。

松尾芭蕉さんの「荒波や 佐渡によこたふ 天の河」とあるように、日本海で獲れるさざえは、荒波に揉まれたサザエが多いそうで、角があるサザエが多いみたいですね。瀬戸内海みたいな穏やかな海では、角なしが多いそうですよ。

(茶)は、角ありのサザエの方が見慣れてるので、その話を聞いたときに、”角なしのさざえなんてあるんだなぁー”と思ったものです。

まぁ、この話は今日初めて聞いたんですけどね(笑)


さて、上記の写真では最後の料理!「鮑の黒煮」です!

1864_131989091602.jpg

鮑の身が黒くなるまで、海藻と味噌で長時間煮込んだ料理です。鮑は縄文時代から食べられていたんですって!上のちょこんと乗っている黒いのは、海藻です。

鮑なんて滅多に食べる機会がないので、堪能させていただきましたてれてれ


さて、かちどき飯はまだありますよ!

上記の料理の後に出てきましたが、「黒米」です!

1864_131989100802.jpg

玄米ですね。

戦国時代の米と言えば玄米!玄米って白米とはまた違った美味しさですよね!

上の写真を見ていただくとわかりますが、赤いですよね。

なんでも、赤飯の原型と言われているんだとか!納得ですね。(茶)の親世代では、よく「にせ赤飯」と言われていたんだそうです。

ちなみに、黒いつぶつぶは、前もご紹介した「古代米」ですよハーブ


さてさて、お次は「集め汁」!

1864_131989102500.jpg

だしの出るものはなんでも入れちゃえーというお味噌汁だそうです。

いつも食べ慣れているお味噌汁と、だしが違うせいか、すごく深いというか濃縮された美味しさというか・・・絶品でした!


他にも、かちどき飯には、「香の物」(漬物)、そして「水菓子」(季節の果物)があるんですが・・・かちどき飯に夢中で、撮るの忘れました!(笑)

ちなみに本日の「水菓子」は梨でしたハート



◇◆◇


かちどき飯は、当時の調理方法だとか味と聞いていたので、きっと味薄いんだろうなぁーと思っていたのですが。

意外、と食べてみると、食材の美味しさが堪能できる素敵な料理でしたきらきら

思ったよりとーっても美味しくて大満足ですてれてれドキドキハート

(茶)は、このかちどき飯の後にちょっと、刺身をお醤油でいただいたんですが・・・すごく味が濃く感じました。

現代の料理は、昔に比べればだいぶ味が濃いのかもしれませんね。



このかちどき飯は、歯ごたえのある料理ばかりなので、実は量を少なめにしてもらったんですが、それでもお腹いっぱいになりましたダッシュ

そして、やっぱり、かちどき飯は「酒宴の料理」なだけあって、酒の肴に合いそうな味ばかりでした!

お酒が好きな人には、特にオススメですねおやゆび


そんなわけで。

だいぶ長くなってしまいましたが、今回の謙信公のかちどき飯「謙信公の膳」レポートは以上で終了です!

この素敵な「かちどき飯」は、上越の7店舗で味わうことができますので、皆さんも是非!死ぬ前に一度は(笑)食べて見てください!

(茶)としては、次は他の店のかちどき飯食べてみたいですね!

「謙信公のかちどき飯」 詳しくはコチラ↓(指)

http://www.joetsu-kanko.net/syoku/kachidoki.html


ここまでお付き合いいただきましてありがとうございました光るハート

(茶)でした宇宙人若葉マーク←最近忘れてました




おまけ。


かちどき飯のメニューにはないんですが・・・

なんと実は「かちどき酒」もいただいちゃいました祝マーク

1864_131989100200.jpg

これが、古酒の再現「かちどき酒」です。

どぶろくよりは、現在の清酒に近いすっきりとした飲み口のようで。

ちょっと黄みがかかってますよね。

飲んだ感じでは、清酒っぽいけれど・・・ほんのり「甘い」んです。すごく美味しかったですよ!

飲みやすいので、女性向きかもしれませんねうれしい


せっかくなので・・・1864_131989100501.jpg

三種の神器(っぽいもの)にあった盃で、その場にいた人で飲みましたハート



2011-02-11 00:44:11.0 レルヒさんカレー食べられます!

こんばんわ、日付が変わって2月11日(金・祝)(の)です。

 

レルヒ祭の準備もいよいよ佳境。

スタッフも遅くまで残って最後の追い込みです。

 

そんな中、今日の(の)のお昼ごはんは、レルヒ祭会場・金谷山ふもとのヨーデル金谷にて洋食

お目当てはこの「レルヒさんの一本杖カレー」

1864_129735196400.jpg

細長~いカツを一本杖に、白御飯を白銀の金谷山に見立てたカレーカレー

レルヒさんカレーもコクがあって旨シなのですウインク

 

ランチセットにはデザート(濃厚プリンとガトーショコラ)もついてプリン

1864_129735196401.jpg

 

レルヒさんカレーを使った特別メニューはヨーデル金谷のほかにも高田周辺の飲食店などで食べられます!

ご賞味アレ!!

2011-02-01 13:03:09.0 城下町高田・和菓子めぐり

はい、どーもー(の)です。

 

いやー早いものでもう2月。

100周年記念レルヒ祭まで残すところあとわずか!

スタッフの間には早くもいい意味での緊張感が漲ってきております力こぶ

 

さて、レルヒ祭を目前に控えた高田・本町商店街では、「レルヒマンス」として様々なイベントが予定されています。

そのひとつ、高田の街中に数多くある和菓子屋さん自慢の逸品をめぐる、城下町高田和菓子めぐりが今日2月1日から始まりましただんご(~3月31日)

 

バレンタインデーも迫ってきてますが、冬はやっぱり和菓子&熱いお茶ですよね~だんご日本茶

 

この和菓子めぐりに参加していただく12のお店では、自慢の和菓子のほか、お茶などのお振る舞いもアリ日本茶

(おふるまい内容は各店で異なりますので注意!)

参加店の目印はこののぼり!

1864_129653251800.jpg

 

和菓子めぐりについて、詳しくはコチラから(レルヒ祭ガイドブック(PDF))

 

2011-01-26 21:49:08.0 ブラックorホワイト

こんばんわ~(の)でーす。

 

今日の夕方、日本テレビのニュースで糸魚川のブラック焼きそばと、上越のホワイト焼きそばが紹介されてましたスパゲッティ

こちら「ブラック焼きそば」

1864_1296033728.jpg

そしてこちらが「ホワイト焼きそば」(反転してみてね。)

1864_1296033713.jpg

 

さらにホワイト焼きそばに新しく塩焼きそばバージョンが試作され、今日試食会が開かれたとのこと。

1864_1296033721.jpg

上越名物「するてん」でもおなじみの塩スルメを使った新作。

 

さらに改良を重ねて4月の観桜会でデビュー予定らしいです!

上越の新しいご当地グルメとして期待大!ですね!

 

このホワイト焼きそば試食会の記事は上越タウンジャーナルさんにも掲載されてます。

2011-01-25 12:58:45.0 スキー100年記念給食!

こんにちわ。

(の)です。

 

また上越市内雪がもさもさ降ってきてます。

雪かき、雪下ろしの際の事故も増えてるみたいなので、みなさん気をつけましょう!

雪おろしの注意点はコチラ

 

さて、そんな冬まっただ中の今週、上越市内(合併前旧上越市地域)の小・中学校では上越の冬ならではの給食がだされてます洋食

今日25日(火曜日)の小学校の給食は「シャークフライ」「スロバキア風じゃがソテー」、明日はご存じ「スキー汁」など、上越ならではのメニューとなっています。

27日(木曜日)の中学校のメニューは「レルヒ少佐に関する献立」ということで、「ハルシュキ」とか「カプストニカ」などが並びます。

そうそう、美味しいんですよね~、ハルシュキもカプストニカもうっしっし

 

 

 

・・・すいません、どんな料理なのかまったくわかりません。。。

 

ともかく、(の)も小・中学校時代は給食大好きだったなぁ~目がハート

給食を食べたいがために先生になろうかな~なんて考えた時期もあるとかないとか。

 

上越ならではの珍しい給食について詳しくは、上越市学校給食だよりのページからドーゾです。