住まいるドットコム

内山ホーム社長内山勇人が、日々の仕事や生活での出来事を綴っていきます

2012-12-19 20:03:49.0直江津の道しるべ

私が上越青年会議所の理事長を務めさせていただいた2009年度。
北陸新幹線の延伸と、高田開府400年を迎える5年後に向けて打ち立てた「グランドデザイン」と「アクションプラン」。

特に高田開府400年に向けては、行政はおろか民間団体でも目に見える活動をしている組織は無かったように記憶していますし、この取り組みについては青年会議所が魁であったと自負も持っています。
そんな、5年後の高田開府400年に向けて地域の人たちの機運を高めるとともに、城下町高田を後世に引き継ぐためにも、旧町名を記した「辻標(つじしるべ)」を設置いたしました。
(これは、米沢の同様のものにヒントを得た部分もありましたが)

2009年度に5基。2010年度には20基の設置を終え、高田のまちなかには25基の辻標が設置されています。


5145_1355913134.jpg
そして、昨年、直江津のまちおこしの一つの取り組みとして活動している「ライオン像の建物をまちづくりに活かす会」の皆さんが、同様の直江津地内の旧町名を記した「道しるべ」を4基設置いたしました。
(直江津の方が旧町名の馴染みは深いですよね)


高田・直江津で統一した仕様とすることで、まちの一体感を保ちたいとの考えで「ライオン像の建物をまちづくりに活かす会」の皆さんもご理解をいただいています。


そして、本年度は4基。
「荒川町」「住吉町」「横町」「本町」の4箇所に道しるべを設置いたします。

今日は、その加工作業。
基本的には雨ざらしになってしまいますので、雨に強い「米杉(ベイスギ)」という木材を選定し、使用します。
(実は米沢のそれも「ベイスギ」でした)

5145_1355913119.jpg
平成2年生まれの大工さん、斎京君が腕をふるって加工してくれました。

Trackback

▼この記事のトラックバック用URL

Comments

正月号に出て頂いた斎京さんですね。
頑張っている姿を見られて嬉しいです。
             上越タイムス 樋口

投稿者: タイムス 樋口  2012-12-25 18:03:45.0

これはこれは、樋口さん。
いつもお世話になっております。

コメントいただいていたなんてつゆ知らず。。。
大変失礼おばいたしました。

また遊びに来て下さいね(*^^)v

投稿者: 管理者  2013-01-22 23:57:06.0

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用