住まいるドットコム

内山ホーム社長内山勇人が、日々の仕事や生活での出来事を綴っていきます

2014-02-12 22:19:26.0配管錆による水漏れ

25年ほど前に新築工事をさせていただいた上越市頸城区のお客様宅。

先週の日曜日に電話をいただき「天井に水染みが出ているのだけど・・・」と、相談を受け確認に。

 

「原因は特定できませんが、給排水のいずれかが漏れているようですね」


ちょうど、この真上に当たる2階には洗面化粧台が設置してあり、その給排水管に何かの問題が発生していることは間違いない。
いずれにしても、天井材の水染みも修繕しなければならないため、天井を張替えする際に手当てしましょうということになり、作業開始。

 

 

天井材を剥がすと、配管があらわになり、どうやら水道管から漏れている様子。

 

 

鉄管のジョイント部の錆の浮いているあたりから、数分間に一滴がこぼれる程度の軽度の水漏れではありますが、配管の修理を。

 

 

 

既存の水漏れ部分を切断し、新たな配管にやり替えします。

外した配管を確認したところ

 

ちょっとグロテスクですが、鉄管内を半分くらい塞ぐほどの錆が・・・。


このような写真の例は、2~30年ほど経過しているお客様のお宅のリフォーム工事の際にも経験がありますが、その当時は間違いのない施工方法として採用されていた材料も、残念ながら月日とともに錆や腐食等の問題が発生します。

水道の赤錆でお困りの方は、何なりとご相談ください。

Trackback

▼この記事のトラックバック用URL

Comments

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用