住まいるドットコム

内山ホーム社長内山勇人が、日々の仕事や生活での出来事を綴っていきます

2014-02-25 18:15:44.0建設(建築)業界の現状「その2」

出張等々の忙しなさで、少し時間が空いてしまいました。。。

気を取り直して「その2」です。

 

その2「建設業者も職人も減少の時代」

多くの方は、詳しく聞かなくともそのような傾向があることは推察できると思います。

何せ、人口減少の時代、労働人口減少の時代ですから。

とりわけ、建設業にそのような傾向が顕著に見受けられるという話です。

なかなか「職人の道を目指したい」といった気概を持って進んできてくれる若い人材は少ないもので。

これは、業界全体にも何かしらの問題があることも示しているのでしょうが。

 

先日のブログでは、アベノミクスの効果や2020年東京五輪開催などで、業界全体としては「未来は明るい」といった趣旨の内容に触れましたが、このような統計もございます。

 

確かに、明るい兆しは見えかけてきた昨今ではありますが、建設業においては休廃業や解散のケースも数多く見られるといった話題です。

詳しくは、東京商工リサーチのHPをご覧ください。

 

記載の通りではありますが、「2013年の休廃業・解散の産業別では、最多が建設業の8,535件(構成比29.5%)で3割を占めた。公共投資が拡大し、民需も住宅需要などで活況を取り戻すなか、長引いた業績低迷で体力が脆弱化したところに、昨今の人手不足、労務費や資材高騰が重なり、先行きの見通し難から事業継続を断念したケースが増えたとみられる。」

の部分が気になります。

 

併せて、総務省の統計データによると

建設業全体での就業者の減少もさることながら、工事現場を進めてもらうための技能労働者の減少も急激に進んでいます。

たとえば、平成12年に432万人いた技能労働者が、10年後の平成22年には332万人ということで、10年間で100万人もの技能労働者が減ってしまったことになります。

 

今までは、技能労働者の減少の右肩下がりのカーブで、全体の仕事量も緩やかに下がっていた傾向にあったため、極端な人手不足という局面には立たされなかった訳ですが、仕事がたくさん生まれるであろう明るい未来の割には、「誰が現場の工事をしてくれるの?」「誰が切り盛りしてくれるの?」といった時代に突入しています。

それが、様々な工事に影響を及ぼし、たとえば先日のブログの内容のような「入札の不調」といった話につながります。

 

どの企業も、未来を託す優秀な人材の確保と育成に取り組んでいることは変わりないと思いますが、現場における人手不足という深刻な問題を抱えながら、前に進んでいくしかないといったところでしょうか。

 

現在、23歳と20歳の大工さんが弊社にはいますが、わが社における一つの課題も、この「人材育成」というテーマです。

Trackback

▼この記事のトラックバック用URL

Comments

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用