住まいるドットコム

内山ホーム社長内山勇人が、日々の仕事や生活での出来事を綴っていきます

2014-02-18 09:24:48.0 建設(建築)業界の現状

建設業界全般といった大きな話はできませんが、建築に携わる者として感じていることを書いてみます。

 

消費税アップの影響で、どこの建設会社も、建築屋も、大工さんも、みんな昨年は忙しい一年を過ごされたことと思います。

弊社も、一昨年の夏くらいからそのような動きを感じながら、せわしい日々を過ごしておりました。

 

この国の経済全体を見渡しても、野田前首相が解散表明をされた前日の平成24年11月13日の株価は8,661円。

昨年の12月30日の大納会では16,291円ですから、この約一年間で株価は2倍。

アベノミクスの3本の矢が動き出し、活況を呈した明るい年となったのではないのでしょうか。

(とはいうものの、地方の経済にダイレクトに反映されないもどかしさはありますが・・・)

 

第4の矢とも言うべき2020年の東京五輪も決定し、五輪に向けてのインフラの整備等々、おそらく建設業界全体では、未来は明るいという見通しが殆どであろうかと思います。

 

ただし、ちょっと気になる現象が二つほどありますので、まとめてみたいと思います。

 

その1「資材と職人の安定確保が課題」

東北地方では、震災の復興のための公共工事の入札が不調となっている話は耳にされたことも多いと思います。

現に、東北地方では「職人と生コンの不足」が早くから顕在化しており、これは今後全国へ波及していきます。

工事費、資材価格、労務費の調査結果である建築費指数を見ると、仙台地区はバブル期並みの水準に近付いており、東京地区もその例外ではありません。

 

特に、職人不足は深刻な問題で、年齢階層別の建設就業者数によると、65歳以上の職人の割合は全体の8.7%、55~64歳は24.1%。

職人の急速な高齢化が進んでおり、1/3はお年を召されたベテランの方々となっております。

 

建設費の高騰や職人不足によって生じる住宅の価格アップ。

今まで長く続いたデフレ期は、施工代金や材料代金などを常に値下げ交渉する低価格ホームビルダーのビジネススタイルが成り立っておりましたが、この先は「時代が変わって」いくと推察しています。

 

今後は土地代、工事費、資材費のすべてが上昇する時代へと突入するように思われます。

 

そんな時代の中でも「良いものを少しでも安く仕入れて、お客様に還元する」商人としての気概は失ってはいけませんが。

 

その2も書こうと思ってましたが、結構なボリュームになってしまったようで、これから出張で2日ほど留守にするため、この続きは後日書かせてもらいます。

 

乞うご期待!?

2013-05-24 20:23:18.0 子猫をかわいがって下さる方いらっしゃいませんか

このブログも、そこそこの人数の方々に見ていただいておりますので、思い切って投稿しました。


家づくりと全く関係の無い話題で恐縮ですが、実は2週間ほど前から我が家で5匹の子猫を飼っています。正確に言えば保護してます。

我が家の軒先で子猫の鳴き声がしたのが4月6日。
その後、特に鳴き声がしなくなったので親猫が連れて出て行ったのかと思いきや、GWのあたりからまた鳴き声が聞こえてくるようになり、GW明けからは更にその傾向が強くなりました。

そして、いよいよ子猫が姿を見せるようになってから三日経過し、中3の娘が計5匹の子猫を確保!?して、現在に至ります。
それまでは時折見かけることができた親猫の姿も見受けられず、近所の方の情報によると、その親猫らしき猫が5月8日に近所の道路で車に轢かれていたとか。。。
いずれにしても、親猫の姿が見えず、若干衰弱した状態で、私たち家族のもとに現れたのでした。

昨年秋に、17年飼っていた猫が死んでしまったので、「また猫飼いたいなぁ」と思ってはいましたが、まさか急に5匹も、しかも弱った子猫が目の前に。
まぁ17年前に子猫を9匹、親猫と力を合わせて育てた実績もありますので、保護・飼育については少なからずやり切れる自信はありましたが、急に預かることになった5匹の小さな命を守るため、一家総出で格闘しました。

その結果、お陰様で保護してから2週間が経過しようとしていますが、子猫もすっかり元気になってくれたので、いよいよ大切にかわいがって下さる飼い主を探さなければと、ブログに投稿した次第です。
保護した以上は、我が家で面倒をみる覚悟はできていますが、さすがに5匹はちょっと多いかと…。すでに、犬も2匹いますものですから。


我が家の見立てでは、オス1匹、メス4匹です。
もちろん、野良猫の子供ですので、毛色も様々ですが、
「白にグレーのヨモギ模様のある猫が2匹」
「全体的にグレーのヨモギ模様の猫が1匹(ちょっとアメショーっぽいです)」
「茶トラの猫が1匹」
「白に2か所ほど模様のある猫が1匹」の計5匹。

若干の個体差はありますが、上に書いた4匹はすこぶる元気です。
ただ「白に2か所ほど模様のある猫が1匹」だけは、保護した時の栄養状態の悪さから、同じタイミングで生まれたはずなのにちょっと小さく弱々しさが目に映ります。

くどいようですが、「保護した以上は」という責任は持っていますので、勝手な言いぐさですが「かわいがって下さる方に飼っていただきたい」と思いますので、ご興味おありの方は是非我が家まで見に来て下さい。
今がやんちゃで本当にかわいい盛りです。

ブログでのご案内となりますが、連絡は弊社の電話までお願いいたします。
電話 025-543-4373
(土日は私の携帯に転送になるように設定してあります)

何せやんちゃですぐ動いてしまうもので写真になかなか収められませんが、かわいいネコちゃんの写真も付けます。

5145_1369392124.jpg
こんな感じですぐじゃれて遊んでしまうので写真に撮れないのですが、

5145_1369392160.jpg
少し良い写真も撮れました。
ちなみに、モデルは「ちょっとアメショーっぽい」ネコと「茶トラ」のネコちゃんです。

2013-04-26 23:13:37.0 群雄割拠

ナイターリーグも開幕しました。
我がチームの開幕戦は残念ながら雨で中止となりましたので、今年の初戦は5月9日になってます。

でも、まさかあの「Deeps」が負けたとは。。。

毎年新チームの参入もあり、年々レベルの上がっているナイターリーグ。
オッさんの体力の限界も感じつつも、若い衆には負けてられないといった気持ちだけで今年もやっていこうかと…

シニアリーグも日曜日に試合があったりします👍

まぁ、シニアリーグの年齢ですが💦

2013-04-08 23:13:10.0 今日の試合

明日はいよいよナイターリーグの開会式。
球春到来です。
自称スポーツ愛好家ですが、やっぱり一番のスポーツは野球なんだなぁと感じるとともに心が踊るようなワクワク感です。

でも、サッカーもしたり、F1はマンセルとピケがウイリアムズホンダに乗っていた頃からのファンで、かれこれ30年近くのフリークです。
そして、実はボクシングも小学校から見ていた大好きなスポーツです。
特に「カンムリワシ」具志堅用高さんの大ファン。
今でこそ楽しいキャラクターの具志堅さんですが、レフリーストップがかかった後でもパンチを飛ばすあの闘争心は凄かったなぁと思い出されます。


先ほど、汐留の放送局が放映していたWBCの黄金のバンタム級タイトルマッチが終わりました。
防衛をした山中選手はさすがでしたね。
試合が始まった瞬間から、同じ家のテレビで見ていたはずなのに、なぜか昨日の赤坂の放送局の試合と、というより階級自体が違う試合が行われていたように感じた方いらっしゃいませんでしたか?

どうも、昨日の試合の後は、鬼塚勝也VSタノムサク・シスボーベー戦を見た後のような気持ちになった方いらっしゃらなかったですかね。。。
(そういえば、解説も鬼塚さんでしたね)


日本人チャンピオンの存在は大切ですし、必要です。
でも、統一戦を見てみたいと思うのは私だけではないはずです。

そう、黄金のバンタムでの薬師寺VS辰吉のように。

2013-03-20 18:15:42.0 球春到来!?

ブログのカテゴリーに「雑感」を加えてみました。
WBCの決勝戦も終えたところで、今一度野球ネタを。
でも、決勝戦で“SAMURAI JAPAN”の雄姿を見たかった。。。

ということで、野球ネタの雑感です。


3.11から二年が経過しましたが、3月18日には内閣府の専門作業部会で、太平洋の「南海トラフ」を震源域とするM9.1の巨大地震が起きた場合の被害想定の試算を発表しました。

3.11を境に、日本列島は大地動乱の時代に入ったことは確かです。
さらに次の東海地震は、東海地震単独で発生するのではなく、少なくとも東南海地震と連動する可能性が極めて高いと考えられており、最悪の場合は南海地震も同時に発生すると考えられています。(1707年の宝永の地震が3連動のケースであったと云われています)

このテーマの話は、追って詳しくお伝えさせていただいた方が良さそうですね。
冒頭の「野球」の話から随分かけ離れてしまっているとも思いますのであらためて。。。


WBCが終わって、これから「センバツ」ですね。
たまたま、こんな内容を見て嬉しくなったので“野球ネタ”です。
昨年のセンバツに21世紀枠で出場した石巻工業が修復された球場で神村学園と対戦するとのこと。

心が温まるニュースです。

なぜ、3.11や地震ネタに話が及んでしまったかと言うと、石巻工業の主将である阿部翔人選手が昨年のセンバツで行った選手宣誓が心に残っているので。

「人は誰でも答えの無い悲しみを受け入れることは苦しくて辛いことです。しかし、日本が一つになり、その苦難を乗り越えることができれば、その先に必ず大きな幸せが待っていると信じています。だからこそ、日本中に届けます。感動、勇気、そして笑顔を。見せましょう、日本の底力、絆を」

きっと、この試合でも「感動」「勇気」「笑顔」を見せてくれることでしょう。