住まいるドットコム

内山ホーム社長内山勇人が、日々の仕事や生活での出来事を綴っていきます

2013-01-31 19:59:38.0 新築工事の進捗状況

現在、3棟の新築工事を並行して進めさせていただいています。

上越市柿崎区直海浜地内で新築工事中のK様邸。
海岸沿いの立地条件のため、雪はさほど積もりません。
ということで、この時期ではありますが基礎工事を進めさせていただいています。

明日はいよいよ基礎の立ち上がりのコンクリート打ちです。

5145_1359628248.jpg
写真は、ポーチ・階段の頑丈なダブル配筋による鉄筋組の様子です。


上越市頸城区松橋地内で新築工事中のM様邸。
大工さんたちが、内装の造作工事の真っ最中。

LDKの天井は、パインの羽目板で仕上げます。
5145_1359628260.jpg
写真はその施工の様子です。
大工さんたちの技術が光ります。


そして、最後に紹介をさせていただくお宅が、上越市三和区日和町地内で新築工事中のS様邸。
今週末の完成見学会に向けて、作業も大詰めです。

ところで、S様邸にはこんなスペースもあります。
5145_1359628237.jpg
屋根裏部屋です。
これも、弊社の外断熱二重通気のパッシブハウスだから可能となったゆとりの空間です。

是非この機会に、弊社の家づくりを確かめにお越し下さい。

また、現在工事中のお宅の見学を希望される方は、どうぞお申し付けください。
私がご案内させていただきますので。

2013-01-30 20:28:48.0 上越市三和区日和町で完成見学会

上越市三和区日和町地内で新築工事中のS様邸。
場所も三和区ということで、雪も少なくはありませんが、完成に向けて工事は緩みなく進んでいます。

5145_1359543392.jpg
足場も外れて、総タイル張りの素敵な外壁も目立つ状態になりました。


そこでご案内ですが、今週末、お客様のご厚意により「完成見学会」を開催させていただく運びとなり、設営に向けても鋭意努力中であります。

新聞の折り込み広告でご案内させていただきますが、ブログをご覧の皆様に一足お先に告知をさせていただきます。
(ちなみに、チラシは金曜日に配布予定です)

5145_1359543406.jpg

5145_1359543418.jpg

今回のお宅は、日頃から弊社が取り組んでいる“人と地球にやさしい健康住宅”をさらにわかり易く表現したお宅となっています。

太陽光発電×パッシブハウス×メンテナンスフリー

で、家計にやさしく、環境にやさしい。
そして、住む人にもやさしく、(外壁が本物のタイル張りですので)カッコいい!

どうぞこの機会にご来場下さいますよう、心よりお待ち申しております。

2013-01-26 19:39:37.0 三和区日和町のS様邸

ブログでも何度か紹介させていただいている上越市三和区日和町地内で新築工事中のS様邸。

お陰様で大工工事も完了し、仕上げの作業進行中です。

5145_1359196401.jpg
写真は、壁のクロスを施工している様子です。


今後の雪の影響が心配されるところですが、来週末には完成見学会を開催させてただく運びで、お客さまからもご理解をいただいています。

完成見学会の告知については、またあらためて!

2013-01-24 23:42:32.0 木耐協全国大会

昨日は、水廻りメーカーのクリナップの工場視察で福島県いわき市におりましたが、今日は足を延ばして都内まで。

既存住宅の耐震性能向上のため取り組んでいる木耐協の全国大会に参加してまいりました。

「私たちは、地震災害から国民の生命と財産を守るため、安心で安全な家づくり、まちづくりに取り組み、耐震社会の実現を目指します」
の理念を、改めて強く意識付けさせていただいた機会となりました。

近い将来の話題としては、非常に高い確率で来ると言われている東海地震、あるいは同時に発災するとも言われる東南海地震の話しには、あらためて危機感を感じて帰って来ました。
さらには、富士山の噴火も近い将来・・・。

この内容の資料が欲しいと言われる方は、下のアドレスまでお問い合わせ下さい。

info@uchiyama-home.com
まで。

2013-01-23 23:39:08.0 クリナップ工場視察と研修会

今朝は6時に上越を発ちました。

今は、ステンレスキャビネットのキッチンやユニットバスの水廻りメーカーとしてお馴染みのクリナップの工場視察と研修会参加のため、福島県のいわき市に来ています。


思い起こせば、一昨年の3月11日の東日本大震災で、このいわき市の工場も大きな被害を受けました。
メーカーとしての威信をかけて速やかな復旧を果たしましたが、工場内の機械の新旧入り乱れた状態から推察するに、おそらく新しく入れ替わっている機械の多くは被災した際に入れ替えを余儀無くされたものであることでしょう。

商品の特徴やメーカーのストロングポイントなど、理解が深まりました。