住まいるドットコム

内山ホーム社長内山勇人が、日々の仕事や生活での出来事を綴っていきます

2013-02-28 23:04:08.0 住宅の基本性能

家づくりを計画されている方に対するアンケートで「住宅に求めるもの」のランキングの上位には、「デザインの良さ」や「水廻りの快適さ」などが挙げられるそうです。
しかし、二年前の3月11日を境に「耐震性能」が優先順位の2番手に上がったと、ある勉強会の資料で目にする機会がありました。

もちろん、住宅への欲求は千差万別。
お客様によって、様々な観点があってしかるべきです。

ただ、我々プロフェッショナルは、お客様のご要望が様々あっても、容易に受け入れることができない話も多く存在します。
それは、各会社が信ずるところにより少しずつ“カラー”は違うと思いますし、一つの会社でも「これだけは」といった“こだわり”は、幾つかのカテゴリーに分かれて持っていることと思います。
(まぁ、“こだわり”の無い会社なんていないことを信じたいですが・・・)


では、おたくは?と聞かれたら
幾つかの家づくりにおいて大切なことを話させていただく時に必ず
「丈夫で長持ちすること」という話をさせていただきます。

そこには、「頑丈な構造体」や「耐震性能」「制振技術」「断熱施工方式」「大工の技術」
などなど「丈夫で長持ちする」というテーマでも、複数の要素についてお伝えさせていただきますが、そのうちの一つに「極力後で手のかからない(メンテナンスしなくて良い)施工をする」といった話をさせていただきます。


そして、外壁には本物のタイルを張ることをおススメしています。

手がかかる=補修や改修を要する。または、メンテナンスの必要が無い。
と一言で言っても、内装のクロス補修などの軽微なものから、設備機器類の取替えなど様々あります。
でも、一番お金がかかる補修や改修って何でしょうか?
そう、外壁の塗装や張替えなどにかかる費用は大きいのです。

そこで、メンテナンスフリーの本物のタイルを張ることをおススメする訳です。
5145_1362057577.jpg

もちろん、イニシャルコストは少し多めにかかります。
家の大きさによって違いはありますが、一般的な「サイディング」と呼ばれる外壁と比べると150万円くらいは高くなります。
でも考えてください。
10~15年後に外壁の塗装をすると、足場をかけて塗装工事をする。
平気で100~150万円くらいはかかってしまいますよ。
そこを初期投資していただくと、本物のタイルが張れて、カッコいい家に住むことができます。
そして、30年後を考えてください。
二度目の改修の時期が来ます。
その時に、また100~150万円くらいかかったとしたなら、初めからメンテナンスフリーの品物を使っていた方がどれだけお得なことか。


弊社は国内一流メーカーと年間契約をしてあり、実際はもっとお金のかかる外壁タイルの仕事を、随分お安く施工させていただくことが実現しています。
「家づくりにおいて大切にしたいこと」を突き詰めていった結果、約3年前からメーカーとの協力体制にたどり着くことができました。
手前味噌ですが、企業努力の成果です。


写真は、上越市頸城区松橋地内で現在新築工事中のM様邸の外部足場を外している作業の様子でした。

2013-02-27 20:05:49.0 構造に自信があります

上越市柿崎区直海浜地内で新築工事中のK様邸。

来週末、3月10日(日)に構造見学会を開催いたします。

昨年秋から、「丈夫で長持ち」「安心、安全」な住まいづくりをテーマに
“全棟構造計算書付き!構造見学会から学ぶ、家づくり応援企画”と題して開催させていただいてきた企画の第4弾。
一応、秋から計画していた「構造見学会」の開催予定の最終物件となります。

先日の建前の様子を報告させていただいた通り、杉の大きな丸太梁は存在感抜群です。
5145_1361962094.jpg
(写真は、なかなか見る機会がないであろう「皮むき」作業をしている様子です)



また、今までは「耐震」性能の向上に取り組んできましたが、このお宅は「制振」の概念を用いて、新たな技術を採用いたしました。
5145_1361962107.jpg

「制振」技術を用いた木造住宅の構造見学会は、このテーマにご興味おありの方には最適な場となるとお約束させていただきます。

2013-02-26 23:30:00.0 外壁タイル張り

出張なども重なり、慌ただしく過ごす毎日。
ブログの更新もままならず。。。といったこの頃でした。


上越市頸城区松橋地内で新築工事中のM様邸。
外壁タイル工事の写真です。(ちなみに写真は昨日撮影)
5145_1361960986.jpg


季節を言い訳にはできませんが、天候にも左右され、なかなか工事が進まなかったというのが正直なところです。
サイディングのように、ボードを張っておしまい。という仕事であれば早いのですが、タイルを一枚一枚張っていく作業も、時間と労力と技術を要す作業であるので。

実は、内装工事は殆ど終了しています。
後はクリーニングを待つのみ。

本物のタイルの持つ魅力である「メンテナンスフリー」「重厚感」「焼き物の質感」「カッコよさ」色々挙げればキリがありませんが、完了後の外壁の写真はまた後日!

2013-02-15 20:53:07.0 柿崎区直海浜地内で建前

昨日、本日と上越市柿崎区直海浜地内で新築工事中のK様邸の建前をさせていただきました。
5145_1360928034.jpg
これから紹介する写真はすべて昨日撮影したものですが、天候にも恵まれ最高の日となりました。

もちろん、K様邸も長期優良住宅であり、地域型ブランド化事業認定の住宅です。

5145_1360928021.jpg
特徴的な材料は、リビングの吹き抜けに設けた杉の丸太梁でしょう。
太くて、重くて、施工するにも一苦労です(汗)

ただ、このような材料も施工できる大工だからこそできる仕事は、誰でも容易い仕事ではありません。

やはり「大工の技術」が光る仕事です。


天気も心配されたため、現在弊社の現場で汗を流してくれている大工10人を投入して、少しでも作業が捗るように取り組ませていただいた結果、本日は午後から雨にあたりはしましたが、お陰様で上々の二日間となりました。

5145_1360928042.jpg

2013-02-13 20:23:04.0 上越市五智2丁目地内でリフォーム工事を

上越市五智2丁目地内でリフォーム工事を先週より進めさせていただいております。
全体の工期は2週間。

中古住宅を購入されたお客様からご用命をいただき工事着工に至りました。

主な工事の内容は、
キッチンの入れ替え・床の張替え(床組みからやり直し)・シロアリの防除工事
といったところです。

写真は、新しく設置するキッチンの施工の様子です。

ちょっと手を加えるだけで、ちょっと工夫するだけで見違えるような家になる。

リフォームもおもしろい!

5145_1360927379.jpg