住まいるドットコム

内山ホーム社長内山勇人が、日々の仕事や生活での出来事を綴っていきます

2014-02-25 18:15:44.0 建設(建築)業界の現状「その2」

出張等々の忙しなさで、少し時間が空いてしまいました。。。

気を取り直して「その2」です。

 

その2「建設業者も職人も減少の時代」

多くの方は、詳しく聞かなくともそのような傾向があることは推察できると思います。

何せ、人口減少の時代、労働人口減少の時代ですから。

とりわけ、建設業にそのような傾向が顕著に見受けられるという話です。

なかなか「職人の道を目指したい」といった気概を持って進んできてくれる若い人材は少ないもので。

これは、業界全体にも何かしらの問題があることも示しているのでしょうが。

 

先日のブログでは、アベノミクスの効果や2020年東京五輪開催などで、業界全体としては「未来は明るい」といった趣旨の内容に触れましたが、このような統計もございます。

 

確かに、明るい兆しは見えかけてきた昨今ではありますが、建設業においては休廃業や解散のケースも数多く見られるといった話題です。

詳しくは、東京商工リサーチのHPをご覧ください。

 

記載の通りではありますが、「2013年の休廃業・解散の産業別では、最多が建設業の8,535件(構成比29.5%)で3割を占めた。公共投資が拡大し、民需も住宅需要などで活況を取り戻すなか、長引いた業績低迷で体力が脆弱化したところに、昨今の人手不足、労務費や資材高騰が重なり、先行きの見通し難から事業継続を断念したケースが増えたとみられる。」

の部分が気になります。

 

併せて、総務省の統計データによると

建設業全体での就業者の減少もさることながら、工事現場を進めてもらうための技能労働者の減少も急激に進んでいます。

たとえば、平成12年に432万人いた技能労働者が、10年後の平成22年には332万人ということで、10年間で100万人もの技能労働者が減ってしまったことになります。

 

今までは、技能労働者の減少の右肩下がりのカーブで、全体の仕事量も緩やかに下がっていた傾向にあったため、極端な人手不足という局面には立たされなかった訳ですが、仕事がたくさん生まれるであろう明るい未来の割には、「誰が現場の工事をしてくれるの?」「誰が切り盛りしてくれるの?」といった時代に突入しています。

それが、様々な工事に影響を及ぼし、たとえば先日のブログの内容のような「入札の不調」といった話につながります。

 

どの企業も、未来を託す優秀な人材の確保と育成に取り組んでいることは変わりないと思いますが、現場における人手不足という深刻な問題を抱えながら、前に進んでいくしかないといったところでしょうか。

 

現在、23歳と20歳の大工さんが弊社にはいますが、わが社における一つの課題も、この「人材育成」というテーマです。

2014-02-18 09:24:48.0 建設(建築)業界の現状

建設業界全般といった大きな話はできませんが、建築に携わる者として感じていることを書いてみます。

 

消費税アップの影響で、どこの建設会社も、建築屋も、大工さんも、みんな昨年は忙しい一年を過ごされたことと思います。

弊社も、一昨年の夏くらいからそのような動きを感じながら、せわしい日々を過ごしておりました。

 

この国の経済全体を見渡しても、野田前首相が解散表明をされた前日の平成24年11月13日の株価は8,661円。

昨年の12月30日の大納会では16,291円ですから、この約一年間で株価は2倍。

アベノミクスの3本の矢が動き出し、活況を呈した明るい年となったのではないのでしょうか。

(とはいうものの、地方の経済にダイレクトに反映されないもどかしさはありますが・・・)

 

第4の矢とも言うべき2020年の東京五輪も決定し、五輪に向けてのインフラの整備等々、おそらく建設業界全体では、未来は明るいという見通しが殆どであろうかと思います。

 

ただし、ちょっと気になる現象が二つほどありますので、まとめてみたいと思います。

 

その1「資材と職人の安定確保が課題」

東北地方では、震災の復興のための公共工事の入札が不調となっている話は耳にされたことも多いと思います。

現に、東北地方では「職人と生コンの不足」が早くから顕在化しており、これは今後全国へ波及していきます。

工事費、資材価格、労務費の調査結果である建築費指数を見ると、仙台地区はバブル期並みの水準に近付いており、東京地区もその例外ではありません。

 

特に、職人不足は深刻な問題で、年齢階層別の建設就業者数によると、65歳以上の職人の割合は全体の8.7%、55~64歳は24.1%。

職人の急速な高齢化が進んでおり、1/3はお年を召されたベテランの方々となっております。

 

建設費の高騰や職人不足によって生じる住宅の価格アップ。

今まで長く続いたデフレ期は、施工代金や材料代金などを常に値下げ交渉する低価格ホームビルダーのビジネススタイルが成り立っておりましたが、この先は「時代が変わって」いくと推察しています。

 

今後は土地代、工事費、資材費のすべてが上昇する時代へと突入するように思われます。

 

そんな時代の中でも「良いものを少しでも安く仕入れて、お客様に還元する」商人としての気概は失ってはいけませんが。

 

その2も書こうと思ってましたが、結構なボリュームになってしまったようで、これから出張で2日ほど留守にするため、この続きは後日書かせてもらいます。

 

乞うご期待!?

2014-02-14 19:45:15.0 N様邸上棟

本日は天候も厳しいものがありましたが、一昨日から上越市下門前の土地区画整理事業地内、通称「きらめきタウン」において、N様邸の建方をさせていただきました。

一昨日は、本当に天候にも恵まれ作業も思い通りに進めさせていただきましたが、本日は雪も降り、作業の安全を確保出来なかったので早終いといたしました。

作業の進捗を写真でご覧下さい。

 

1階の柱、2階の床を構築している様子。

 

2階の柱、小屋組みを構築している様子。

 

屋根を架けるための母屋を構築している様子。

この作業段階が「上棟」となります。

 

屋根断熱もしっかり施工。 これは、昨日の作業であったため、雪の影響をさほど受けずに作業を終えることができました。

 

頑丈な造りが弊社の自慢です。

2014-02-12 22:19:26.0 配管錆による水漏れ

25年ほど前に新築工事をさせていただいた上越市頸城区のお客様宅。

先週の日曜日に電話をいただき「天井に水染みが出ているのだけど・・・」と、相談を受け確認に。

 

「原因は特定できませんが、給排水のいずれかが漏れているようですね」


ちょうど、この真上に当たる2階には洗面化粧台が設置してあり、その給排水管に何かの問題が発生していることは間違いない。
いずれにしても、天井材の水染みも修繕しなければならないため、天井を張替えする際に手当てしましょうということになり、作業開始。

 

 

天井材を剥がすと、配管があらわになり、どうやら水道管から漏れている様子。

 

 

鉄管のジョイント部の錆の浮いているあたりから、数分間に一滴がこぼれる程度の軽度の水漏れではありますが、配管の修理を。

 

 

 

既存の水漏れ部分を切断し、新たな配管にやり替えします。

外した配管を確認したところ

 

ちょっとグロテスクですが、鉄管内を半分くらい塞ぐほどの錆が・・・。


このような写真の例は、2~30年ほど経過しているお客様のお宅のリフォーム工事の際にも経験がありますが、その当時は間違いのない施工方法として採用されていた材料も、残念ながら月日とともに錆や腐食等の問題が発生します。

水道の赤錆でお困りの方は、何なりとご相談ください。

2014-02-11 18:08:36.0 久々の投稿となります

サボっていた訳ではありませんが、久々の投稿となります。

 

暦の上では春ですが、まだまだ寒い日が続きます。

関東の方では45年ぶりの大雪だったそうですし、この上越も今年は雪は多くないものの、気温が上がらない寒い日が続いているように感じます。

皆様、くれぐれもご自愛ください。

 

寒い日が続いてますので、そんな話題に関連した内容を書いてみます。

 

「いってらっしゃい。気を付けてね」 交通事故などを心配して玄関先でよく聞く言葉ですね。

確かにこの時期、道路も凍結していたり、車の運転も気をつけなければなりません。

しかし、交通事故による死亡者数は、2013年には4,373人でした。

昔より道路を走るクルマが増えているイメージはありますが、13年連続で交通事故は減少しているそうです。

一方、最近よく取り上げられている浴室での不慮の事故死。

この数は、推計で年間1万7千人!

これでは家の中の方が危ない、「おかえりなさい!(お風呂場の寒さに)気を付けてね」の方が、実態に合うのではないか?というのは、近畿大学の岩前教授。 住環境の在り方に警鐘をならしています。

 

この浴室事故の原因の1つは、冬の寒さと考えられています。

その根拠は、浴室での死亡者数が、冬に多く夏に少ないという国民生活センター公表のデータです。

http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-19981119_2.pdf

 

脱衣室、浴室の寒さが、暖房室や湯船との大きな温度差となって、急激な血圧の変化を招き、事故を呼び寄せます。

浴室だけでなく、朝の起床時間帯も心筋梗塞が一番多く発生しており、高血圧の方には、朝の寒い室内温度の影響が危惧されています。

70歳以上の代表的な疾患は、高血圧です。 たくさんの方が長生きできる時代、家の中の寒さが高齢者の安全を脅かしています。

一般的には「ヒートショック」という言葉で、最近耳にする機会も多いのではないのでしょうか。

 

そんな、家庭内事故を引き起こさない工夫が、家づくりにおいても重要です。

 

もしよろしければ、弊社のHPにもお立ち寄りください。