えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2018-10-17 10:33:58.0 ♢ 問題の解決は総理の心にある !! ♢

 政治が解決できないのは、その部門が無能だからではないかと思います。その問題の一つが、北朝鮮(軍人)による日本人拉致事件です、武器を持たず北朝鮮政府に弓を引いたわけも無い普通の民間人を、屈強な訓練された組織の工作員が静かに入国し船で袋などに入れ、北朝鮮に連れ去って行きました。 自主独立国の国民を有無を言わさず暴力で計画的に拉致する行為をされても、40年間の月日が経つても今だ数十人、いや数百人余りの日本人が突然行方不明になっている人達がいるのです、この間、北朝鮮とのわずかな交流があった野党(左翼)の人達が北朝鮮に招待された方で、入国して日本に帰国して記者会見で堂々と日本人の拉致被害者はいませんでしたと、ぬけぬけと言っていた政治家とその支援者が自分の口から言っていた報道も以前にありました、又、小泉総理.安倍官房長官時代、北朝鮮にお金を持って行き蓮池さんや数名の日本人を連れ帰る事に成功しましたが、その後一行にこの事件は解決されません、拉致被害者も40年も経つと高齢者となり、益々悲惨で死んでも死にきれない深い悲しみの毎日だと思います。

 

 この問題の解決は日本政府の弱腰の外交と担当大臣の能力の欠如です、外務大臣.法務大臣.防衛庁.警察庁.海上保安庁.内閣官房.一般国民.全マスコミが一致団結して国内にいる在日北朝鮮人の協力でもっと強い制裁措置をやるべきだと思います。中国.アメリカ.韓国.ロシヤは人事ですから何も力を入れず解決は出来ないと思います。

 

 安倍内閣の重要政治課題、北朝鮮との2ヶ国協議で平和的の中に互いに仲良く近隣同士で友好な交流が出来る外交を行ってください。 必ず解決する手があると思います、日本の協力無しで疲弊している北朝鮮政府の経済の立て直しは出来ません、北朝鮮政府にも頭の切れる人も沢山います、そうすれば必ず解決方向に展ずると思いますが、皆さんはどうお考えでしょうか!

「思い切ってやれ!責任は俺が取る!」この心がトップの才量です。                         では又、

2018-10-08 18:23:52.0 トランプ流のリーダーを求めたアメリカ社会

 トランプ米大統領の評価は、米国国内は元より世界中の政治家や官僚、経済人、学者、マスコミ関係者による人気度、支持率などは、歴代大統領の中では最低だと思います。しかし、アメリカ国内には失業者や貿易で破綻した業種、業界が数多く有り、政治的な力で処方しましたら、その業種、業界が元気を取り戻し、復活した州やまち、地域が多数あるのも事実です。そう言うところはトランプ大統領を高く評価し、支援しているのです。それが政治です。

 トランプ氏は民間人の経済人であり、今まで政治の経験はありませんが、民間で学んだ経営哲学でアメリカの失いかけていたパワーをもう一度取り戻す政策を実行しています。その為に摩擦が起きトラブルが起きているのです。本来なら、それが政治家らしい政治の仕事であると私は思います。

 摩擦を恐れ、何もしない政治家、大衆受けと保身だけで何もしない政治家、肩書や役職を求め、結果的に何一つやらない、また出来ない人達が権力を握るから、税金の無駄使いが多くなり、国や地方の経済活力が疲弊し、財政が破綻、民間で言うところの企業倒産と同じ事が起こっているのです。

 トランプ氏は、アメリカの貿易赤字や国債をいかに減らすか、民間企業の株価を上げ、景気を回復する為に、オバマ政権でやれなかった政策を急いで行っているので、政権内部や中国、ヨーロッパ、カナダ、中南米など諸外国と摩擦を生んでいます。やがて日本にも貿易赤字の対象国として関税引き上げの話が来ると思いますが、安倍・トランプ会談の今後の動きに注目です。

 ようやく株価も上がり、20年来のデフレからの脱却がやっと見え始めた中、10年先まで見通せる人材を育てる土壌をつくるのも世論とマスコミの仕事ではないでしょうか。出る杭は打つ、抜くと言う悪い習慣を改革しない限り、立派なリーダーが不在の国や地方になりかねないと思いますが如何でしょうか。政治は先見性と実行力なのです。

2018-10-07 10:00:25.0 ♢ 高田.直江津を戦火から守ったその原因を考える ♢

 高田と直江津が戦場になっていれば火の海となり、何千と言う家が焼かれ、死者もやはり千を越す悲劇が150年前に起きていたと思います。高田藩最後の殿様第14榊原政敬公の英断のお蔭で、現上越市の高田は400年前の城下町の元型が残っていて、まち全体が博物館その物、歴史がそのまま息づいているまちであります。

 

 その当時の殿様を始め榊原家の上層部の家臣、特に家老の伊藤正隆.川上直元.清水広博の方々と、藩士と家族1986戸約3万人の生命.財産をどう守るか、領民は27.161155.569の安否を維持継続するか想像を絶する悩みだったと思います、しかし時代は着実に変わることを江戸で勉強し高田に帰り塾を開き、武士や町民まで広く知識を教えていた倉石洞窩先生の「文武済美堂」があったからだと思います。 

 

 上越地方で早くから「専王攘夷」の思想を説き、徳川の世では欧米列強の近代国の植民地政策に対応出来ない事を教え、徳川家や榊原家を守り救うのではなく、この日本を守る思想を教えました、その中に榊原政敬公の側近33歳の若き家老の川上直元もおり、殿様に時代の変化と改革を提言されたのだと思います、又この頸城地方の地主の家柄の方やそのご子息の方々は、大変頭がよく勉強好きで当時としては反体制の近代界想.危険思想とも思える専王攘夷の志士として、町民でありながら江戸や京都の志士達と行動を共にし、新しい国造りのために情報を分折したり同志の絆を深めていた人達が倉石洞窩先生の塾に出入りされていたことだと思いますが、この高田に室兄弟、前島密.銀林綱男。瀬尾知命堂病院開祖者、 川上善兵衛.笠松宗謙.渡部健蔵など国や上越地域の為の政治家. 官僚.学者.技術士など1.000人以上の人間を世に送り出した塾を幕末から明治6年頃までの死ぬ前まで教鞭を取られておりました、私達の先輩は勉強好きで国や郷土を愛し結束し向学心に燃えていました、こう言う事は私達の誇りでもあります、今日でも同じだと思いますが、自分のまちの事を話し合う仲間の勉強会が大事でないでしょうか。 

 

 又、高田.直江津の歴史的人物を顕彰を行うべきと議会で市長に強く訴える質問をしました、歴史や伝統に関心を持つ市民が大勢いるまちしたいと思っています。