えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2019/09/17 19:28 ♢ 9月19日市街地活性化の一般質問をいたします ♢

 

 一年に4回の市議会が開催され、93日より927日まで開催されます、平成30年度決算を四つの委員会に分かれ税金の使われ方やその事業の成果、次年度に向けての予算組への議員としての政策提言をし議論を行います、又、3~4日は提案された議案に対しのみ、各派を代表して1名総括質問を行います。

 

  総括質問は会派としての質疑で自分個人の考えや政策はできません、議員としての一般質問は919日より25日までで、上越市に関わりのあるすべての事や市長.教育長.ガス水道局や第3セクターまですべてに関する事や、市長の政治姿勢に対する考えまであらかじめ事前に通告し、どう言う事を質問すると言う細かな点まで担当の課の人に申し上げ、質問者に適切に質問内容を答え議論が噛み合うようにしています、しかし政策面では税金を使う事ですからその裏付けがなければなりません、ですので答えは明確にやります.出来ますと言う答えは理事者側は一切言いません、発言の一言一句が議事録として、とられていますから一つの証拠として残り、やらなければ虚偽答弁として当局側の責任を議員として厳しく追求致しますので、答弁をする市当局はその担当の課長の能力実力がわかるので、議会中の市役所の空気は閉会まで緊張し張り詰まっています。

 

  私は919日の一般質問の初日の10時にトップで上越市の顔の部分の直江津.高田地区、中心市街地の活性化.にぎわいの創設について6点に絞り、人口減少の中、交流人口の拡大、特に観光客の拡大による地域経済の元気をどう行政当局は考えているのか! 私の提案を含めて市長と教育長に伺います、これだけの交通の結節点の有利な条件を持ち自然や歴史遺産.偉人.並びに美味しいお酒、豊かな食材と四季折々の食材も豊富な上越市です、もっともっと通年観光客が高田.直江津地区の市街地に人が溢れて良いのに、年々人影も減り活気が消え静かで暗い中心部で街が死んでいますので、イベントの時だけでなく通年を通しどうしたら以前の中心地に戻るのか質問いたします。

 

 市民にも賑わいを造る事に関心がなければ実現できません、行政任せでは何もなりません無関心.無責任それでは良くなる訳がありません、どうか関心を持つて視聴に本会議まで来て下さい。 それでは、

 

2019/09/16 13:57 <頼りない東京電力の体質>

 

 台風15号の影響で今千葉県は停電で多くの住民の方々の苦痛の声が伝えられ、又その為に命まで亡くされている被害者が出ています。しかし災害列島のこの国なのに、非常に重要なその対応について、日本を代表するような企業の一つである東京電力と言った超大企業の安全管理の甘さが再び浮き彫りになった感じがいたします。 

 九州、四国、関西、中部、東北電力各社は地震、台風、水害の多発地帯にありながら停電は起きていません。あの福島原子力発電所の事故の際も、あの近くにあった東北電力の原子力発電所は住民の避難所となった程、安全対策が出来ていたと言うことです。と言う事は会社のトップの考え方、能力の違いがあると思います。 

 東京電力のトップは通産省の天下りばかりで、幹部も正しい事を思っていても自由に発言、行動出来ず、下の人達や現場の技術屋の方々の意見が通らない、又言えない上意下達、官僚体質の悪癖体質が会社全体の習慣になっているのではないかと思います。その体質を解体しない限り、選択肢の無い何百万の東京電力を使用している住民は言葉に言い表せない不安の中で暮らさねばなりません。 

 東京電力と言う会社の体質改善こそ待ったなしです。組織が大きくなればなる程、トップの人間性や指導力が誤ると取り返しのつかない事が起きてしまいます。この文明の力を持ってしても今日電力が無ければ地獄の戦場です。 

 必ず起きると言われている首都圏の直下型大地震が予想されている千葉、埼玉、東京、神奈川の関東圏に電力を供給している東京電力株式会社様、「ごめんなさい」ではすまないですよ。安倍内閣の責任で一日も早い復旧、解決を祈ります。子供や孫が沢山関東圏で暮らしています。他所事ではないのです。

 

2019/09/16 11:30 < 令和元年秋の政局どう乗り越えるか注目! >

   日本人は74年前経験した事の無い未會の悲劇を体験し、いかに平和のありがたさ、戦争と言う悲劇は骨の髄まで知った民族です。もう二度とあの辛い戦争をやってはならないと政府も国民も思っております。しかし残念ながら地球上では今だ弱肉強食の戦国時代そのもの武力や権謀をもって覇者として弱い国に難癖を付け侵略し自国の領域の海..空そして今は、月の裏側まで自国のものにする事を、あきらめずその野望を捨てていません。

  

 日本人は平和平和と叫んでも78年前のアメリカは日本が、ごめんなさいまいりましたと叫んでも、日本いじめの虐待を停止せず、日本が戦争に踏み切らずにいられない境地に追い込み戦場に出されたのが、あの大東亜戦争だったのです。そうしてアメリカの考えと計画の通り、自分の国を自分で守ることすら出来ない骨抜きの日本にさせられ、近隣国からの攻撃を受けても反撃の出来ない、日本のあわな姿に近隣国はあざ笑う様に日本国を脅しています。日本国はこれまでにアジア諸国の植民政策の欧米に対し差別のしないことや独立運動に協力したり中国や朝鮮半島にもインフラ整備や教育にも協力しお金を出して来たり多くの資本をそのまま残して来たりしても、韓国.北朝鮮.中国政府は日本はひどい国だった悪い国だと言う反日教育.反日政策を取り続けています。日本国内の中にも同じような考えの政治家.学者.マスコミ関係者.労働組合の幹部も沢山います。この国の外交と防衛政策.憲法も含め、安倍自民党.激しい政治情勢の中、令和の政局どう乗り越えて行くのか注目せざるを得ません。