えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2018-09-23 17:12:29.0 選ばれたリーダー達よ、力強く自信をもって進め

 俗に勝てば官軍、負ければ賊軍と言いますが、政治の世界こそ勝負事の塊です。天下を260年間も握っていた徳川幕府も、最後には幕府側に付いた徳川親派の会津藩や長岡藩は賊軍でした。生き恥を嫌い自決した侍やその家族、女子供から老人までもその遺体を埋葬させない程、戦いに敗けた方は賊軍扱いされるのは、人間社会ではよくある事です。

 特に選挙で戦った事がある人でないと絶対分からない事、選挙の激しさ、厳しさ、辛さがあります。評論家やマスコミ関係者は、軽々しく大衆受けのする事を言ったり書いたりしますが、最近は政治の場で戦っている政治家を、簡単に批判したり、小馬鹿にしているタレントが多くいます。テレビや新聞記事で、左側の弁護士や寺院の僧侶、大学教授、政治評論家の方々が、好き勝手にあそこが悪い、ここが悪いと言っていますが、一国の総理や、その総理と戦った政治家を、偉そうな顔して悪口を言うは如何なものかと感じます。

 安倍さんは勝ちました。敗れた石破さんやその陣営は、戦場に出た以上覚悟して戦ったのでしょうから、重要ポストが欲しいなどと言わないと思いますし、政治家でない人達も自分達は見物人なのですから、その事にとやかく言うべきではないと思います。

 内閣の一員が、総理と考えの違う事ばかり発言していれば、政治が混乱します。国民が選んだ人達です。文句や批判があれば、自分も選挙に出て、政治の場で決着をつけるべきです。

 やがて統一地方選挙、参議院議員選挙があります。衆議院議員選挙同一開催があるかも知れません。選挙期間は国民が主役です。熟慮が必要です。現実が政治です。出来もしない公約を並べて、何十年も野党で、批判しかしないで飯を食べている、吠えるだけの人を選んでも、少しも現実は前に進みません。政治は前を見て、力強く進む責任があるのです。

 安倍さん、3年間はプロらしく、やるべき事をやって下さい。中国やロシア、北朝鮮は一強でやっているので、批判も出来ません。日本はいい国です。なぜなら、国民が主役の選挙が出来るからです。

2018-09-21 11:37:07.0 <安倍晋三リーダーに期待する。>

  安倍晋三氏が自由民主党の総裁に成り3年間この国の舵取り役になりました。1億2千万人の命と財産を守り、北から南まで日本全土の領海、領土、領空を守りながら常に国内外の敵を相手に毎日毎日24時間緊張の連続の生活だと思います。上は総理大臣、知事、市長まで全て政治家の責任は決断、指示、発想、先見性、指導力、情報力、行動力、気力が勝負です。

 

 皆様も生きると言う事は毎日の緊張の中で暮らされておられると思いますが、責任が大きくなればなる程に秋霜烈日(しゅうそうれつじつ)、仕事をやればやる人ほど廻りやライバル達は嫉妬で潰しにかかり、その人の一番の弱点やミスを突き批判と攻撃で倒しに来ます。人間として気が休まらない大変な重圧の中で24時間を過ごす立場の人です。世の中を良くする為に、又国の安全を守る国防や憲法問題、人口減少問題、自然災害の対応、国内の治安維持、経済の安定と発展、教育改革等様々な課題を解決していくわけですが、自由民主党にはあれだけの人物が沢山いますので菅、二階の番頭役の参謀を使い切り多難な外と国内の政治課題に対して混乱無く動かして2678年続いた歴史と優秀民族の伝統と誇りを守り続けて下さい。

 

 アメリカも中国.ロシアも、どの国も多民族で国土が広く、多くの難題を日本以上に抱えています。トップの知恵、教養、人生観、指導力はもとよりその国の国民も同じく積極性、向上力、結束力、忍耐力がその国の運命を左右します。「信」を持って「義」を貫き「命」を持って大平原を進んで下さい。来年は新しい天皇陛下が誕生されます。若き国民の象徴と共に弥栄(いやさか)に向け扉を開きましょう。

 

2018-09-20 17:24:44.0 ♢ 現状の社会環境で強い人間をつくれるのか!♢

 ご批判は覚悟で本音を申し上げたい、このままであれば日本のスポーツ界や経済.政治.学力.技術力などあらゆる分野でこの国は弱体化が進んで行くと思います。  その原因の一つが指導者.リーダー.監督.各コーチ.各種団体の会長などの人が厳しくすれば、やれパワハラだ.やりすぎだ、人権無視だ.体罰は厳禁だ.言葉の暴力だなどと、すぐ当事者や周りの父兄や保護者.週刊誌.新聞.テレビで指導者を吊るし上げ、犯罪者扱いで報道されればコーチや監督の仕事など出来ず弱くなって行く一方です。

 

 この地上の生き者すべて環境に順応しなければ死滅して消滅していきます、オリンピックやパラリンピック、夏の甲子園の高校野球などはなぜ盛り上がり、人気があり感動するのか、苦しみや厳しい練習、精神的なプレッシャーの重圧から抜け出す強い精神力.チームワークなど選手のすべての努力.忍耐に観客は感動し勝者にエールを贈ります。 

人間を向上させる事は一人では絶対になれませんし厳しく指導する人がいて、始めてその辛さに耐えて耐え抜いて始めて自分の描いた目標を勝ち取るのです、少々の体罰や罵声や叱責は当たり前ですが、戦後昔の日本流の指導のやり方は暴力であると決めつけ新聞やテレビで放送されます、確かに怪我を負わせてしまったり行為的に行う事はいけませんが、厳しさが無ければ強くなれません

 

 例えば相撲界はどうでしょう、今の力士は只身体だけは大きくなっただけで、力の入った力士らしい相撲取りを育てられなくなっています、水入りの大相撲は見られなくなりました、堕落した商業主義の大相撲は日本の縮図です。弟子を甘やかし厳しい稽古をしないから怪我人と病人ばかりの集団を見ていて感動はありませんしアマチュアの相撲です、プロらしい職人.芸能人.政治家もすっかり見られなくなった近頃の日本、やはり昔の様に身体も心も日本らしい日本社会をもう一度取り戻さなければ、中国や朝鮮.ロシヤアメリカに負けてしまいます、どの国も自分の国を強くする哲学を失っていません、先人達の教えを守り気力と気迫のある社会をつくるためにもい一度日本の教育全体を考えるべきだと思います。   

 

スポーツ以外でもすべてが辛い競争社会に打ち勝っ者だけが残り、栄光の座に付けるのです。