えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2020/09/24 10:51 ♢ 第3セクターの決断を早めに ♢

 商売で黒字を出すと言う事は本当に並大抵の事ではありません、時代の環境の変化をいち早く察知し、変化に対応していく能力のある経営陣と社員の気持ちが上手く噛み合って始めて黒字体質の会社が出来るのです。

 

 上越市に色々ある第3セクターの組織の施設、黒字経営の施設もありますが、中々黒字にならない施設の箱物が多く上越市の財政の負担が大きく伸し掛かる箱物が沢山あります、又.FM上越もしかり、ラジオ離れの為スポンサーも付かずこのまま続けることには限界があります、将来的に明るい見通しの出来る施設なら良いですがコロナ禍による厳しい経営状況の中、又.人口減少.高齢化.過疎地などの施設の黒字は努力しても黒字は望めず、益々税金を導入していかなければ運営できない施設は、誠に残念ではありますが行政が一日も早く民間に売却するか施設を廃止する方針を考えるべきだと思います。

 

 本来、こう言う飲食.物販販売は行政が税金で行うべき業務ではなく、サービス業などは民間企業のプロが行うべきであります、行政は民間企業が出店しやすい環境整備までが行政の仕事であると、27年前より私は議会で叫び訴えてきましたが、公務員の方々は水商売のノウハウや発想の感性が無い為、私は無理と申し上げて来ましたがその通りになっています、赤字垂れ流しの箱物早く手を打つべきだと思います、潤沢な財源のあった昭和の好景気の時代ではない今日、いつまでも昔の時代の通りの事をやらないで、最小の投資で最高の良い結果の箱物を造るのが腕の良い仕事の出来る公務員です、上越市役所の職員の方々は優秀な方々ばかりです、特に部長クラスの方々の決裁を早めに出して赤字の多い施設の決断をしてください。

2020/09/21 09:07 ♢ コロナウイルスで国の実態.実力がわかりました ♢

 本年のスタート時からコロナウイルスの拡大のニュースが流れてから、日本の弱体が惨禍に遭遇、経済は戦後最悪な状況となり、倒産.廃業が続出しております、大きな歴史ある老舗も店を閉め働く従業員も大勢が失業しています、さらに人口減少.高齢化は30年も40年も前から政府は国民に訴えて来ましたが結婚するしないは本人の自由などと言う考えから、独身を楽しみ好きな事をやりながらアッという間に50歳近くになっているおじさん.おばさんが大勢いる日本社会、この状態の中で国や県.市の自治体が100年先の国民健康保険.年金制度.介護制度の維持が出来ない状況になって行くと思います。

 

 国や地方の行政も歳入より歳出額の方が多くなり、行政サービスが出来ない、国そのものが地方の面倒が出来ない事になり、貧因国.貧困地方自治体に間違いなく成ると思います、これからの政治は今あるものをお金を掛けないで、地域の住民の熱い情熱のあるリーダーを生み育て、先人達の努力を学び生き残るに何をやるべきかを話し合いリーダーを盛り上げ結束してアイデアを出して一生懸命燃える集団になって行く地域が生き残るのです。

 

 日本国は2680年続きましたが100年後2780年まで、強い国として残るには国民が日本国に誇りを持つことでないでしょうか。

2020/09/19 17:07 ♢ 高鳥修一様一日も早い回復を ♢

 一番あってはならない事が起きてしまいました、我々の代表で衆議院議員の高鳥修一代議士があの忌まわしいコロナウイルスに感染されたというニュースを見て改めてこの病原菌の恐ろしさを感じました、政治家に取りこのコロナウイルスに感染したと言う事は、人に逢う事も集会を開く事も出来ない致命的な出来事です、解散総選挙の風も吹く中で本人も挨拶回りなどされていたと思うのですが、37度以上の熱が出て入院されているベットの中で、選挙の事を考えれば考えるほどストレスが溜り、身体の回復にも時間が掛かるのではないかと思います。

 

 上越地域を代表する4期目の保守の中核議員としてこれから活躍が期待でき、仕事をやれる地位におられる現職の県連会長を次の選挙で、もしもの事があれば上越地域は当然でありますが県や国でも大きな損失です、保守系上越支部の役員の皆さん、又党員の皆さんこんな時こそ結束し、褌を締め直しましょう。

 

 修一さんは人間的にいばらず不遜な所がなく、誰にも優しく謙虚で常識的で人柄は大変立派な所のある方で清潔感が漂う人です、又.日本の伝統や歴史観.国家観を大切に持ち日本人の心を誇りにしている人でもあります、人の優しく何が大切であるかもすぐわかる心が広い人です、どうしてもこの大切な高鳥修一さんの病気が軽くすみます事を祈りましょう。

 

 一日も早い回復を党員として祈ります