えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2020/08/05 18:03 <地獄から這い上がった力士>

 両膝の怪我や手術、糖尿病、肝炎などによる休場で序二段48枚目まで落ちた天下の大関を張った照ノ富士が、今場所前頭の一番幕尻で今年初場所の徳勝龍以来の優勝と言う話題と記録ずくめの七月場所が終わりました。

 人生と言う道は順風満帆の時程注意深く用心しなくてはならないのですが、皮肉にもそんな時に限って不幸が忍び寄る事が多いのです。力士は特に短命と言われております通り病気と怪我は付き物の職業であり、稽古をしなければどんどん弱くなり精神的なストレスが糖尿病を増進させます。この力士は必ず大関、横綱に昇進出来ると親方も本人も後援者も思っていても、突然黒星が続き平幕に落ちやがて十両で相撲を取り、いつの日か廃業していった将来の有望力士を沢山見て来ましたが、今回の照ノ富士の大関を破り幕内最下位の地位での幕ノ内最高優勝は立派なものだと思います。

 普通なら涙を流す力士が多いのですが表情を顔の出さず、あの辛かった日々を胸の中で堪えて淡々と優勝インタビューに応えていた姿は地獄から這い上がった人間の姿とオーラでした。

 人生は常に勝つか負けるかの厳しい環境の中に生活していますが、強い人は必ず這い上がって来た苦労と言う学校では教わって来なかった厳しい体験と苦労を味わって来たからこそ本物の人物と成り得てきたのです。商売も芸術家も小説家も役者もスポーツ選手も地獄を見て這い上がった者で無いとすぐ消えたり、いつの間にか見えなくなります。

 この頃の横綱、大関の役力士の入れ替わりが早く大関から平幕に落ちる力士が多いのが寂しいですが、やはり稽古前の準備のやり方、健康管理などの心構えが昔の力士との違いが出ています。昔の親方は一日中若い衆を叱り続けていました。今の若い人を叱るとパワハラだと言われてしまえば指導など出来ません。強い力士も育ちません。

 

 甘い考えの日本。甘い人間が増えると混乱と品格の無い国になってしまいます。そうならないように致しましょう。それでは又

2020/08/02 09:42 『次なる日本国の総理大臣は、強い信念と気概を!』

 

  益々激化暴走する中国共産主義政権と米国自由主義政権とのイデオロギー対立は、第二の冷戦の始まりを感じさせます。

 戦後75年後の世界は、共産主義体制の独裁国家と自由主義による多党制国家とのイデオロギー対立によって武力衝突が起きる世界になっています。

 

 アジア地域で起こった朝鮮戦争やベトナム戦争の悲劇は今も忘れることが出来ない歴史の一ページとして誰もが記憶しています。また、東欧諸国のソ連に編入された小国の国民は、「自由と民主化」を求め自主独立の闘争を繰り広げながら多くの尊い血を流してきました。さらに、東ドイツやブルガリア、ユーゴスラビア諸国などのバルカン地域の小国は、ソ連崩壊と共に共産主義から自由主義に変わりました。ソ連がロシアになりプーチン政権が誕生してからロシアは再びウクライナへの軍事介入により民主化運動を抑圧しております。

 

  近年、中国は恐ろしい程の(経済)成長力によって急激に増強拡大された軍事力を背景に、陸・海・空さらには宇宙空間に至るまで中華思想に基づく世界覇権を実現し、アメリカに変わり世界に君臨しようと着々と計画を実行しています。

 そのような世界情勢の中で、日本の政界では次期総理候補と目される議員の誰一人として、現状を踏まえた外交政策上のビジョンを語ろうとはしません。

 

 日本国政府においても100日以上に渡り連日領海侵犯を繰り返す中国や拉致問題・核開発ミサイル発射実験などを繰り返す北朝鮮への対応、さらには北方領土問題を抱えるロシアへの対応などこれら最重要事項について断固とした強い決意を示していません。

 

 日本国の次期総理となる政治家には、これらの事項についてもしっかりとした政策を持ち、さらには今後の日本の姿がどうあるべきか、そのビジョンを国民にハッキリと示し夢と希望、強い信念と気概を持って事に当たって欲しいと思います。

 

 

 

2020/07/29 10:27 ♢ 恐ろしい程、武力の力で押し切っている巨大勢力国家 ♢

 

 南シナ海.東シナ海.西沙諸島.南沙諸島.尖閣湾.日本海沖などの海域をまるで自国の領海の要に、国際ルールを無視して我が物顔で理不尽な狼藉の限りのふるまいを行っております。

 

 オーストラリアを含め東南アジア諸国は今、経済政策で力をつけその収益で武力の近代化による覇権政策はまるで帝国主義そのまま、あれだけアメリカを批判していた事を返り見ないで、今や大中華大国拡大路線を押し進める、14億から15億の巨大大国の世界支配、批判するマスコミも無く一党独裁国民は表現の自由も結社の自由もまるでなく、只権力者の思うがまま黙して当局の意のままに権力を傍観している体制は、ナチスやスターリン時代のソ連のような冷酷で暗い政治環境の国家色が一段と濃くなっていくのではないかと思われるのです、あの国は日本の政府が靖国神社に総理が参拝に行ったら物凄い剣幕で批判をしました、全く一国の独立自治国の内政干渉を行って起きながら、あれだけ自分の国が世界のルールを無視していて、日本政府が一言でも言えばあきれるほどの暴言の恫喝が返ってくる非紳士的な政府のため、話し合いも出来ない残念な状況です、やはり国家が弱体化ではどんどん海も.空も.陸地まで富と資源が奪われ、やがて巨大大国に支配下されてしまうのではないかと思います、少子高齢化は日本の国の安全保障上の不安が拡大の方向にあるが、皆様枕を高くして寝る事が出来ますか?      では又、