えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2019/08/17 08:38♢ 又、多くの命が危険そして台湾も ♢

 止まる事なく発展と成長し拡大路線を続ける中国人民共和国、毛沢東時代の計画的社会主義経済政策から一転、改革開放経済、西側自由主義経済路線に思い切り転換させた男.鄧小平でした身長150㎝しかないこの一人の男が14億の人口とあの広い中国共産党組織と人民解放軍の実力者として1997年2月19日の最後の日まで君臨していました、何回も何回も毛沢東との確執で失脚の時代もありましたが、頭の切れる事と先見性の読みの深さ政治的洞察力は天下一、今でも数いる世界歴代大統領.総理.国家主席などのリーダーが沢山おりましたが小塚を変える.混乱を抑える.経済を活性化させるなどの政策転換を短時間内で実現させ、尚且つその路線を自分が死んでも継続させ国家を政治権力で動かしている政治指導者は鄧小平だと思います。

 

 若い時から共産党を信奉しフランスに留学し、苦学と貧乏体験を骨の髄まで染み込んでいた政治家です、1978年初めて日本を訪問、新幹線に乗りその技術力の高さに驚き、トヨタ.パナソニック工場のロボット技術や製造過程のシステムの高さに驚愕して帰国、翌年1979年アメリカに行き宇宙開発のロケット.コンピューター.航空技術の高さを見て、いかに共産主義国家の技術力が遅れているかを痛感して帰り、即く広東省に特区を造り世界中から企業を誘致、若くて豊富な労働力、そして安い人件費の為、西側企業が中国に進出したため世界の工場が中国に移り、急激にその西側の技術を吸収し立ち所に経済成長し日本を追い抜き、今やアメリカと肩を並べる経済大国になりました、国を富させ、そのお金で軍事力の近代化、防衛産業も急激に伸ばした大国になりましたが、すべてが鄧小平と言う一人の男の政治力からです、毛沢東は鄧小平を綿中の針を隠す男、天安門のの民主化デモに人民解放軍の武力で弾圧した恐ろしい冷酷な指導者でもあります、習近平は完全に鄧小平の後継者です香港市民の命が危ないですね。