えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2019/08/30 10:00<現在の日韓問題を考える>

 

 政治家のトップで一番最悪な人物がやる事は功名心に走る軽薄なリーダーです。自分の時にあれをやった、これをやった、後世の人達にも自分の功績や名前を残したい、その事ばかりを自分の廻りのゴマスリ、無能の取り巻きが国を悲劇に降下させたり、最悪の事態は戦争で国そのものを消滅させてしまったり家柄、企業、組合、団体でもトップの舵取り次第で大きく将来が違ってきます。

 

 歴史書を紐解くとその栄枯盛衰が昨日のように記され、偉い肩書を持っていても全く人間の道理の頭脳が欠如していると言わざるを得ません。特に世襲の政治家や長期一党独裁での政治体制の国のトップにこう言う人物が出て来ています。国民のひとり一人が優秀で常識派が多ければ滅亡はしません。又、必ず復興や再起をします。

 

 現在、日韓関係が戦後最悪な状態な状態になって来ていますが、この時両国民は事態を冷静に見て解決の糸口を見出さなければなりません。しかし残念ながら彼の国のトップは功名に走り悪い夢を見て、日本の悪口ばかり並べ、自分が一番正しい、だから俺に任せろ、権力者は自分で良いと、かような自己顕示欲のみの政治家が指導者として君臨しているわけです。

 

将来や未来の事は考えず、自分の選挙や任期と内閣支持率やマスコミ受けばかりを気にして、国際社会のためとか近隣諸国、友好国などの事は考えず、ただ只自分がどう受けられるか、自分だけの事しか頭になく、たいして偉くもなんでもない、気性的には小さくせっかちで、たいした事も出来ない、偉くもなんでもない無能な男を、取り巻きがあやつっている場合が多いのです。それが悲劇の始まりです。

 

 ですから国民ひとり一人が勉強して、いつも冷静で正しい情報と判断力を持っていましょう。能力が無い人を排除するには、国民が結束して正しい人を選ぶように持っていけば良くなるのです。そんなに心配しなくても義と仁の心の大義が国民にあれば大丈夫です。それも歴史が証明しています。今の状態の解消は数年の我慢でないでしょうか。