えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2019/09/01 07:39♢ 女性謙信公の次に来るものは! ♢

 

 世の中はすべて「陰」と「陽」、「表」と「裏」、「太陽」と「月」、「南」と「北」の2があり、そのバランスの中の「調和」で私たちは生かされています、「男性」と「女性」この関係も同じことですが、本年初めて謙信公祭に女性の方が手を上げられ、見事な謙信公役を演じられ堂々と馬に乗り「親方様」戦国武将の大将役をやり切られた事に時代がここまで来たのかとも思いました。

 

 女性の社会の進出が話題にはなりますが、裏を返せば男性以上に女性の精神力の強さは神様が初めから女性に与えています、懐妊と言う一つの命を十月十日お腹の中で育てて行く事を一つ取っても男性より強い生命力が備わっているし、受け入れる力がある大きなものはすべて女性の代名詞の「母」が付いています「母国」.「母港」.「母校」.「航空母艦」.「母なる大地」.「母なる大河」すべて男はついていません、それだけ神様は女性に偉大な男性には備わっていない霊力があるのですから、もっと社会をリードする役にも付いて欲しいと思います。

 

  特に政治の世界や思想.政治評論家.経済界などにも女性の方がどんどん出て欲しいと思いますが何故か野党の左翼系の政治家が多く、只、ヒステリックで感情が丸出しで理性や知性が感じられず、女性が持っている感性や思いやり.包容力.優しさは無く、あの姿あの表情は女性の価値を台無しにしていると思います、女性の方に「女神」と言う言葉があり、男性にはありません、地域と国の流れを変える「女神」が現れませんが、覇気が失いかけている政界全体を包括してくれる能力に輝く女性の方々の政界進出を期待します、上越市議会は現在誰もおりません、来年4月の改選、私こそと決断し立候補してみてください。

 

  男性らしさを失った今日、男性はその原因は何処にあるのか皆様で考えませんか・・!