えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2019/09/16 11:30< 令和元年秋の政局どう乗り越えるか注目! >

   日本人は74年前経験した事の無い未會の悲劇を体験し、いかに平和のありがたさ、戦争と言う悲劇は骨の髄まで知った民族です。もう二度とあの辛い戦争をやってはならないと政府も国民も思っております。しかし残念ながら地球上では今だ弱肉強食の戦国時代そのもの武力や権謀をもって覇者として弱い国に難癖を付け侵略し自国の領域の海..空そして今は、月の裏側まで自国のものにする事を、あきらめずその野望を捨てていません。

  

 日本人は平和平和と叫んでも78年前のアメリカは日本が、ごめんなさいまいりましたと叫んでも、日本いじめの虐待を停止せず、日本が戦争に踏み切らずにいられない境地に追い込み戦場に出されたのが、あの大東亜戦争だったのです。そうしてアメリカの考えと計画の通り、自分の国を自分で守ることすら出来ない骨抜きの日本にさせられ、近隣国からの攻撃を受けても反撃の出来ない、日本のあわな姿に近隣国はあざ笑う様に日本国を脅しています。日本国はこれまでにアジア諸国の植民政策の欧米に対し差別のしないことや独立運動に協力したり中国や朝鮮半島にもインフラ整備や教育にも協力しお金を出して来たり多くの資本をそのまま残して来たりしても、韓国.北朝鮮.中国政府は日本はひどい国だった悪い国だと言う反日教育.反日政策を取り続けています。日本国内の中にも同じような考えの政治家.学者.マスコミ関係者.労働組合の幹部も沢山います。この国の外交と防衛政策.憲法も含め、安倍自民党.激しい政治情勢の中、令和の政局どう乗り越えて行くのか注目せざるを得ません。