えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2019/09/24 19:52今の日本を良くするには

 近頃テレビや新聞、週刊誌等を見ても、また旅をして街の中を歩いても、目に付く物は大体個性が無く、全てが画一的で面白くない。特にテレビと新聞が酷い。だからテレビ、新聞離れが始まって、スマートフォン、パソコンの情報を見る人が増え、良い面もありますが、洗脳されてしまうと言う恐ろしい部分もあります。

 何故、日本は北から南まで個性を失っているのか。その原因は、明治政府の行った中央集権と富国強兵にあるのではないでしょうか。確かに良い所もありましたが、悪い所もありました。江戸時代は徳川家が国の政を行いましたが、各藩に自主的に教育や文化、町造り、福祉、農業等地域の産業振興などを自由にやらせ、それぞれの地方が独自に個性に合った政を行っておりました。

 そこで私は、150年間変わらない同じ制度や法律、或いは地域の線引きを見直すべきであると思います。特に、教育制度は国ではなく地方に任せるべきであり、また県そのものの線引きも思い切って変えるべきです。一時、首都移転や道州制の導入の声も上がりましたが、立ち消えです。しかし日本は地方で持っているのです。地方が元気を失い、人口がどんどん減って行き、活気を失って、中山間地が疲弊して崩壊している原因は、国会と官僚が、東京で地方をコントロールし過ぎているからです。中央集権を牛耳り仕切る東京大学は、解体すべきです。官僚支配の元は廃止するべきで、ゆえに昔の帝国大学は全て廃止し、大学は全て私学とし、民間で個性重視の教育に戻すべきです。

 人間造りこそ、今日の閉塞感と人口減少を止める最初の第一歩だと思います。法律や制度より、人を造らずして将来はありません。個性も生まれません。このままでは日本は地方から沈没していきそうです。もう一度、武力を使わない維新が必要です。日本に、前島密や大久保利通、西郷隆盛、勝海舟、坂本龍馬、高杉晋作が、上越では、倉石侗窩、室孝次郎が出て欲しいですね。