えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2019/10/19 09:55♢ 災害出動の自衛官の姿を見て感じる事!♢

 

 自然災害や大きな事故の遭難救助の大変な時にいつも自衛隊の皆様方が出動し活躍されている姿を多くの国民がテレビの映像を見ていると思いますが、困っている人達に身を投げ出して、国民の命を救ったり、一生懸命被害者の救護.復興の片づけなどをしている、まさに地獄に仏の様な自衛隊の方々を、左翼系の組織.組合の中核にいる方々は、自衛隊は憲法違反だ我々は認められない、税金の無駄遣いだなどと街頭の宣伝演説やチラシに書いて、この平和憲法の平和を守るには、自衛隊は必要なし、早く解体するべきだと言っている政党や、それを支援する国民の人達がいましたが、そう言う方々にもし自分の地域や自分の家が今回のように大災害にみまわれて、困っている時に出動し水や泥の中で活躍している自衛隊の方々に何と言うのか聞いてみたいと思いますが、普通の方なら、いや普通の方でなくても『有難う、助かります!』と感謝の気持ちを伝えると思いますが如何でしょうか・・!

 

   私は、憲法を改正して自分の国の事は自分達で守るには自衛隊が必要であると思います、又、他国から攻められ攻撃されれば防御し、必要ならば反撃の為に戦う軍隊を持つと明確にすべき時が来ていると思います、但し侵略戦争は絶対にやらい、これも明確に示すべきです、195ヶ国が国連に加入している国の99%自国の国を守る憲法を持っている独自国です、当たり前のことをやらなかったのは国民の声がいっも国防と憲法の話をすれば、又戦争に繋がると言う左翼の反戦と言う名のプロパガンダにつながり、真の独立国としての国民の責任や誇りを曖昧にして、しまりの無い国を造ってしまった、戦後を完全に終わらせるにはもう一度、背骨を真っ直ぐに伸ばし、姿勢のととのった日本にするべきです、それが正常な事だと思うのですが・・・!