えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2019/11/02 12:54<こんな国会や報道では政治家は萎縮するばかりです。>

、 

 現状の国会審議を見るにつけ誠になさけなくてなりません。国民が今解決して欲しい問題、不安でたまらない問題、早く国政で取り上げて欲しい問題に対しての政策上の議論では無く、安倍総理大臣が任命した各大臣や副大臣の閣僚の言葉尻を捉えて、その事を問題にして、鬼の首を取ったように勝ち誇った顔と態度で与党を攻撃して、その事が政治家の仕事であるかのように感じている野党の国会論争と、それに輪をかける反日、左翼支援の日本の週刊誌とマスコミ各社の報道で閣僚は本音を言えなくなってきています。

 

 大事で判り易く真実を表現出来ないような、鎖に縛られて常に脅えながら発言していては政治家の言論の自由は非常に抑圧されている状況ではないかと危機感を感じるのです。

 

 議論や演説は抽象的で物事の説明が全く真実とかけ離れた言葉や、流れの前後を切り取り、その言葉尻だけを取り上げて攻撃して問題を拡大し、本人は勿論、任命した内閣全体まで、イメージの悪い内閣と政党であると言うプロパガンダだけで政局を左右している現状の政治体制の状況では、益々国民は大切で大事な政治が嫌いになってしまいます。

 

政治そのものも、政治家や選挙にも無関心になり、政治家に成りたい、やってみたいと言う人が出なくなり、政界全体が小粒で個性も無く、味気も面白みも無い政治家ばかりになってしまいます。現状の国会は、益々大衆受けだけを狙った安っぽい猿芝居国会です。国の将来ビジョンを見据えた格調の高い政策論争を国民の前に見せてもらいたいと切に希望します。

 

りんご箱の中のりんごが腐ったような常態の国会中継を見るたびに、これが国民の代表か!と思われる次元の低い論争は長屋の井戸端会議です。まだ庶民のおじさん達の居酒屋での議論の方がよっぽど立派な事を言っています。りんご箱の腐ったりんごや、〇〇の腐ったような論争はやめてもらいたいたいですね。