えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2019/11/14 14:05♢ 野党政党は党名や政策をもっと解りやすく ♢

 

 政治は大切な事だから、国民にもっと近づき解りやすくする事を考慮して貰えないものでしょうか!

 

 特に野党の政党に願いたいと思います、昔は共産党.社会党.民社党の3党で国民は理解しやすかった、しかし平成の時代に入り社会党.民社党が解体してから複雑で極まりなく新しい政党を造っては又分列を繰り返し中身はバラバラです只、非自由民主党のみで戦前戦後一度も党名を変えずぶれずに保守政治反対を曲げずに政治政党を続けているのが共産党で、それはそれなりの政治信念なのですからいいですが、今の野党の政党は根本的な政策は違い、選挙の時だけ共産党とも共同で野党連合を結成し戦うが非自民なら共産党一本にして戦った方が国民に取って解りやすいです、憲法改正反対.日米安全保障条約反対.消費税増税反対すべて反対で、野党会派の主な政策の柱や土台は共産党同じなら、共産党と言う看板の下で戦った方が解りやすくはっきりして良いと思います。

 

 野党の分裂は少数政党では議会制民主主義の制度では、反対少数で議案はすべて通らず与党政権の政策の法案が可決するのですから、野党が国民の支持を得たいなら、政策の根本が各党バラバラで選挙の時だけ取り合えずまとまる野党連合でなく、党名も与党自民党と対峙している共産党一本に絞るべきであり、共産党の政策と合わないと言うなら野党連合はやめるべきです。

 

 数合わせの問題ではなく、政策の中味.内容を重視した議会になってもらいたいと国民は思っています、永田町の国会の中と国民の現場感覚の違いのずれが、政治不信.政治への信頼感んを低下させていると思います、皆さんはどう思いますか・・・!