えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2019/12/09 08:39♢ あの大東亜戦争開戦を風化させてはならない ♢ NO1

 

 128日が来ました、「ニイタカヤマノボレ」真珠湾攻撃の発令.、日本人が忘れてはならない日です、今から78年前.最大限譲歩し、平和を訴えアメリカ大統領ルーズベルトに交渉を行っても拒絶され続け、アメリカは何としても大国のロシアに勝ちアジア最強の清国を撃破した日本軍と、日本国の力をアジアの覇権国にさせない為とアメリカが中国の利権を独占するために日本に徹底的な経済制裁を通告してきた、最後通告のハルノートは完全に日本に対する宣戦布告でした、その後アメリカ議会でこの通告が外務委員会で問題となりましたが、それでも議会での議決をえずにルーズベルトとその一部の閣僚が日本を戦場に引きずり出した計画通りの作戦でした。

 

 

 あの日米対決の戦争は、日本が侵略戦争の犯罪国だと勝った側の傲慢無礼で非情な戦後処理や占領政策はルーズベルトのウオーギルド・インフォメーション・プログラム(日本人洗脳計画)の通り右寄りの有識者は公職追放し、左寄りの学者文化人.教職人.公務員.労働組合を導入し、二度と欧米の白人国家に歯向かわない骨抜きの国民をつくる為に憲法まで占領国に造られた独立自尊誇りの無い国家としての大切な国防までアメリカから守ってもらう状態が今でも続いています。

 

 

 あの大東亜戦争は完全にアメリカの計画通りでした、日本は兵士も民間人も360万人もの死者を出し、アメリカも40万人も死んでいます、しかし本当に勝て得をしたのはソ連のスターリンと中国の毛沢東の共産主義者達の国です、アメリカは領土も少しも広がっていません、軍事産業のユダヤの資本だけが良かっただけです、戦争は起こしてはなりませんが日本の周りは全部日本に向けミサイルを配置し領土まで自国の物だと自称しています。

 

 

 平和ボケの現状を国民や野党の政治家はこれで良いと思っているのでしょうか、アメリカの当時の実情を次回に述べたいと思います、それでは又