えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2020/01/19 11:59♢ 女性議員候補者に望む! ♢

 

 急に6名近い女性の方が、この4月の市議会議員選挙に立候補されると言う話題が上越市の中で囁かれています、何事にも上越市人の気風は穏やかで消極的で控えめ、自分で売り込んだり目立ちたがり屋は少ない気質の街でしたが、めずらしく、しかも全国的に議員のなり手が減る問題になっている時期に、女性の方が思い切って私が皆様の代表として権力者に恐れず、この上越市政に自分の考えを訴え生活の向上につなげたいと、自分の考えを貫きたいと決心をされました。

  

 ペーパーテストでは無く選挙と言う通信簿を貰う作業に挑戦される決断は、肉親や周りの人達の理解.協力を戴けなければならない厚い壁を乗り越える太く強い精神力は立派なものだと思います、私は以前から女性の社会的な立場で男性には無い考えや知恵を出して、男女が協力しながら地域社会を構築して行くべきであり、もっとあらゆる面でも女性の方がリーダーシップ発揮すべきであると思っていました、女性の奥深い優しさ、愛こそ女性の持つ特権で神様でも女神は生命を産む象徴です、政治は国民.市民にどれだけ優しく愛や慈悲の心で接するかです、行政の権力は以外と守りの姿勢が強く、強者には弱く本当の弱者には冷たいところがあるのです、戦後男は視先して国を守ると言う精神的なものが無くなり自己中心で消極的な男性が多い社会です、日本を弱体化させた占領国の思惑通りになっていますので、女性の方がもっと積極的に社会に出る国になって欲しいですね、只女性の中には気だけ強く感情的でヒステリックだけの女性政治家もおりますが、逆に女性の質や品格も下落させないように知性と女性ならではの人間味豊かな議員になって、どんどん政策提言の質問に立って下さい、市民は期待しているでしょう、又.男性候補も負けずに頑張って下さい。     それでは、