えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2020/01/31 11:47♢ 多くの全国の相撲ファンを喜ばせてくれました ♢

 

 令和2年の初場所2横綱不在の中で、劇的な幕内最下位の誰も予感も想像もしてなかった徳勝龍関が、千秋楽の結びの一番で大関を堂々とした寄り切りで、勝利を勝ち取った141敗の優勝と、勝った瞬間どっと感極まって男泣きの涙がながれ、テレビを見ていた多くの日本人も、良く頑張った感動を有難うと思っていた事でしょう、今場所を面白く見せてくれた、盛り上げてくれたと言う大相撲ファンを喜ばせてくれた相撲でした。

 

 そしてあの優勝インタビューも、あの徳勝龍関の人柄.素直さが良く表れて「私が優勝でこれで良かったのでしょうか…!」と言う言葉が、謙虚であり場所中に大学で相撲を指導して下さった監督の急逝の事になったら又、涙が止まらない場面が写し出され、15日間.土俵の上で様々な思いの中で、自分の思いを男らしく闘った武道からしいインタビューで今場所を締め括り、久方ぶりの日本人の優勝が見ることが出来て良かったと思いました、又、奈良県から98年振りも優勝力士で県民に誇りをプレゼントをしたことでしょう、武道は只勝つ事だけのスポーツでなく人間性を鍛え、型を内面から調えると言う外国のスポーツと違いが、日本古来の武道精神を鍛えることから武道を道場として神聖な所としてきました、そこで精神.内面が表れる姿勢.型の基本を若い子供の時が本来大事なのです、これも日本人を育てる昔からのやり方でしたが、私は武道教育をもっと日本人が求め、指導者の育成を計るべく上越武道連盟の一員とした頑張りたいと思います。

 

 又、来場所の土俵が楽しみです、徳勝龍関感動をありがとうございました。   それでは