えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2020/06/29 12:19♢ リーダが出てこない! いない原因はなぜ!!♢

 

 今日の中央政界や官僚、どこの地方も同じであるがあの人ならと大方の方が喜んで力強く支援するリーダー的な人物.人材がここ数年来不在状況を感じてなりません。

 

 あの戦後の混乱期世界中が驚愕した復興と発展を為遂げた、政界をはじめ財界.芸術.文学.映画.スポーツ.芸能. 出版界などあらゆる業種にそれぞれ立派な指導者.リーダーがおられました、当時の人達のリーダーは人間的な器の大きさ.教養の深さ.信念の強さ.行動範囲の広さ早さ.愛の深さどれを取っても信頼のの出来た人物が幕末から昭和一桁時代生まれの多くの方々が世の中に輩出されておられたが、何故戦後生まれに力の強いリーダーが見られない原因は色々あるが、一つに戦後の教育家の中にあのマルクス主義に浸透。英雄崇拝に反対、マルクスは大衆の為に英雄や力があり支配するリーダーの権力者を否定している為、戦後の歴史教科書.道徳読本にある尊敬する人の偉人名を削除すると言う間違いを行っている為、人材を造り育てると言う価値観を失い、逆にリーダー的な有能な人間に嫉妬心のみがつのり、出る釘を打ち。足を引っ張り引きずり落とすと言う、現代のマスコミの様に良いことは書かず悪い事のみを伝える世相のために人材が出ない。出にくい環境が今日の人材不足の世の中になっているのだと思うのです、又利己主義の横行で社会の為あ。国家の為.自分の住む町.業界の為.団体のためより、自分個人の事しか考えない人間が増えるために国も地方も勢いが失いかけています、もう一度元気な日本や地方を取り戻すため教育界の洗い直しをどうしてもやらなければならないと思います。

 

 教育こそ国家を造る基礎なのに100年前の外国の思想に惑わされ、日本ならではの立派な教育の手本を見失い社会全体が異常な状態になりかけている今日、先人たちが何を学んだか見つめ直し、教育者や教育委員会だけでなく家庭生活に於いて子供の教育まで考え、社会全体で見直す研究会を行うべきだと思いますがいかがでしょうか! まずは自分自身を見つめ直しましょう・・・!