えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2020/09/19 17:07♢ 高鳥修一様一日も早い回復を ♢

 一番あってはならない事が起きてしまいました、我々の代表で衆議院議員の高鳥修一代議士があの忌まわしいコロナウイルスに感染されたというニュースを見て改めてこの病原菌の恐ろしさを感じました、政治家に取りこのコロナウイルスに感染したと言う事は、人に逢う事も集会を開く事も出来ない致命的な出来事です、解散総選挙の風も吹く中で本人も挨拶回りなどされていたと思うのですが、37度以上の熱が出て入院されているベットの中で、選挙の事を考えれば考えるほどストレスが溜り、身体の回復にも時間が掛かるのではないかと思います。

 

 上越地域を代表する4期目の保守の中核議員としてこれから活躍が期待でき、仕事をやれる地位におられる現職の県連会長を次の選挙で、もしもの事があれば上越地域は当然でありますが県や国でも大きな損失です、保守系上越支部の役員の皆さん、又党員の皆さんこんな時こそ結束し、褌を締め直しましょう。

 

 修一さんは人間的にいばらず不遜な所がなく、誰にも優しく謙虚で常識的で人柄は大変立派な所のある方で清潔感が漂う人です、又.日本の伝統や歴史観.国家観を大切に持ち日本人の心を誇りにしている人でもあります、人の優しく何が大切であるかもすぐわかる心が広い人です、どうしてもこの大切な高鳥修一さんの病気が軽くすみます事を祈りましょう。

 

 一日も早い回復を党員として祈ります