えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2021/01/29 14:34<また始まった、猿山騒動>

 菅総理への野党の挑発する発言の国会中継を見ていると、あたかも総理が無能で役人の答弁書を棒読みしていて国民に伝わらない、と批判していますが、総理としての発言とは一言一句間違わない、責任ある重い発言をしなければならない立場にあるわけですので、国会の議場内での発言は責任の無い野党の質問議員とは天と地ほどの差のある総理発言であり、あるいは大臣、委員長等要職席には失言は決して許されないのです。

 野党の代表は国民が期待する建設的な議論は一切せず、いかにも鬼の馘を取ったかのようなスキャンダル追及に明け暮れるばかりで、次の選挙の事だけを考えて、与党の総理は無能で駄目なリーダーであると言う印象を国民に植え付け洗脳するプロパガンダ発言ばかりです。

 文芸春秋2月号になる程と感じた記事が載っていましたので、少し長いのですが引用させていただきます。

 本来「政策」を議論すべき「国会」で、「モリカケ問題」「桜を見る会」といったスキャンダルばかりが議論されました。スキャンダルを放置してよいわけではありませんが、これでは「国会」は自分で自分の権威を貶めていくだけです。そもそも野党の評価を高めることにはつながりません。スキャンダル攻撃の中身については、「そうだ!」と同意を得てもだからと、いって、それを言う人が「偉い!」とはならないからです。

 以上の記事からも、繰り返しになりますが野党の諸君には建設的で責任ある議論、提言を是非お願いしたいと強く思います。又、日本のマスコミも大衆受けを狙って、週刊誌から新聞までどういう訳か出る総理、出る総理をこれみたかと足を引っ張る記事を書きます。

 報道の自由、表現の自由は結構ですが、このコロナ禍の状況では総理の政治力以外には誰がやっても鎮圧、収束、そして終息出来る人は世界にはいないと思います。

 

 まだ総理になって一年も経たない菅総理ですが、与党の自民党内でも支えもしないで嫉妬心で菅総理を批判する馬鹿がおりますが、この国家の一大事の時こそ政治家もマスコミも日本だけは世界中から笑い者扱いされないように、少し落ち着いて冷静な賢い流れを作らないといけないと思いますが、如何ですか。